dカード/dカード GOLD

dカードやdカード GOLDの解約手続き方法|ネットでできないので要注意!

dカードの解約って、どんなふうに進めれば良いの?

このように思われた時にご覧いただきたいのが本記事の内容です。

昨今、何でもネットで手軽に済ませることができるイメージがありますが、dカードやdカード GOLDの解約については、ネットでは進めることができません。

ここでは、dカードやdカード GOLDの解約手続き方法を紹介するのはもちろん、解約時の注意点、年会費やdポイントに関する情報など、解約の際に気になるコンテンツを網羅していきたいと思います。

これからまさにdカードやdカード GOLDを解約しようとお考えの方はぜひ、以下の内容をチェックしてみてくださいね。

タップできる目次
  1. dカードやdカード GOLDの解約方法は電話or郵送のみ!
  2. dカード GOLDの解約は日付によって年会費の請求に気をつけよう!違約金はなし!
  3. dカード GOLDからdカードへのダウングレード方法
  4. 解約後でもリボ払いや分割払いは継続される!
  5. dカードやdカード GOLDを解約してもdポイントは残るので安心を!
  6. dカード GOLDの解約のデメリット|解約前に要チェック
  7. dカードやdカード GOLDの解約方法でよくある質問
  8. dカードやdカード GOLDの解約方法まとめ

dカードやdカード GOLDの解約方法は電話or郵送のみ!

dカードやdカード GOLDの解約方法は電話or郵送のみ!電話か郵送でのみ解約が可能!

先ほども記載した通り、dカードやdカード GOLDの解約はネットで進めることができません。

つまり、解約方法としては以下のいずれかの方法から選ぶ必要があります。

  • 電話で解約手続きを進める
  • 郵送で解約手続きを進める

基本的には即日に解約手続きが完了する電話がおすすめですが、郵送で解約手続きを進めることも可能です。

ただし、どのクレジットカードも同じですが、ネットから解約できないのは面倒ですよね。

それでは以下、それぞれの内容についてもう少し詳しく見ていきましょう。

電話で解約手続きを進める方法

電話で解約手続きを進める場合、クレジットカードを手元に用意した上で、以下の電話番号に連絡しましょう。

  • dカード会員の方:0120-300-360(無料)
  • dカード GOLD会員の方:0120-700-360(無料)

フリーダイヤルを利用できるのは嬉しいですね。解約手続きの際には、本人確認情報の他、16桁のクレジットカード番号を伝える必要があります。

解約手続きは、カード会員本人しか進めることができない点には注意が必要ですよ。

郵送で解約手続きを進める

およそ3週間ほど時間はかかってしまいますが、郵送で解約手続きを進めることもできます。

特に、本人以外の方が解約手続きを進める場合は、こちらの方法を選ぶしかありません。

まずは以下の電話番号に連絡し、郵送手続きで解約したい旨を伝えましょう。カード会社から、郵送手続きに必要な書類が送られてきます。

10:00~20:00(年中無休)
  • dカード会員の方:0120-300-360(無料)
  • dカード GOLD会員の方:0120-700-360(無料)

必要書類を受け取ったら、あとは必要な情報を不足なく記載した上で返送するだけですね。

電話が難しい場合はドコモショップに行くのが最善

dカードの解約手続きは電話または郵送での手続きが基本ですが、ドコモショップでの手続きも可能です。

やむを得ない事情で電話で手続きできない・資料請求できない場合、ドコモショップで事情を話せばスタッフの方が一部手続きを代行してもらえます。

ヤス
ヤス
ドコモに「電話手続きができない場合どうすればいいか」と聞いたところ、以下の回答を頂きました。

カードの契約者様がドコモショップにご来店いただき、dカードセンターへお電話していただきます。
dカードセンターの担当者に契約者様にて手続き出来ないご事情とドコモショップ担当者に一任する旨をお伝えいただければ通訳のような形で対応することが可能でございます。

もし電話手続きが難しい方は、一度ドコモショップに訪れて手続きを進めるのがおすすめですよ。

dカード GOLDの解約は日付によって年会費の請求に気をつけよう!違約金はなし!

dカード GOLDの解約は日付によって年会費の請求に気をつけよう!違約金はなし!dカード GOLDの解約は年会費の支払日に気をつけよう!

解約の際に、違約金は発生するの?

次年度の年会費が請求されないタイミングはいつ?

このようなことが気になっている方もいることと思います。まず、違約金に関しては、どのタイミングで解約しても一切かからないので安心してください。

ただし、年会費の請求に関しては注意が必要です。タイミングが悪いと、次年度分の年会費も支払わなければいけなくなりますよ。

dカード GOLDの加入日を確認しておこう

年会費を余分に請求されることほど残念なことはありません。これを防ぐためには、以下を把握しておく必要があります。

  • dカード GOLDの加入日

年会費の請求がかかるのは10日で全員共通なのですが、dカード GOLDの加入日が1日〜15日か、16日以降かで年会費の請求月が1ヶ月異なってくるのです。

dカード GOLDの加入日を確認する方法

えー!加入したタイミングなんて覚えてないよ!

と頭を抱えている方もいるかもしれませんが、安心してください。以下のいずれかの方法で、dカード GOLDの加入日は簡単に確認することができます。

  • dカード GOLDが送付されてきた時の台紙を確認する
  • 明細照会で確認する

仮に台紙を捨ててしまった方でも、毎月の利用明細で確認できるので問題はありません。

ちなみに、1月に入会したケースを例に挙げると、年会費の請求日は以下の通りとなります。

dカード GOLDへの加入日締め日年会費の引き落とし日
1月1日〜1月15日1月15日2月10日
1月16日〜1月31日2月15日3月10日

もちろん、解約手続きは締め日を迎えるまでに済ませる必要があります。

締め日が1月15日であれば、遅くとも1月14日までには解約手続きを完了させておきたいですね。

dカード GOLDからdカードへのダウングレード方法

dカード GOLDからdカードへのダウングレード方法dカード GOLD保持者は年会費無料のdカードへのダウングレードも考えよう

今までdカード GOLDを利用していたけど、dカードにダウングレードしたい!

このように思われている方もいるかもしれません。

dカード GOLDは非常にスペックの高い1枚ですが、毎年11,000円(税込)のランニングコストは決して安くはないですよね。

そこでここでは、dカード GOLDからdカードへのダウングレード方法についてシェアしておきたいと思います。本項におけるポイントは以下の2つです。

  • dカード GOLDからdカードへのダウングレード方法は書面手続きのみ
  • dカード GOLDからdカードへダウングレードする際の注意点

早速、それぞれの項目について、詳しく見ていきますよ。

dカード GOLDからdカードへのダウングレード方法は書面手続きのみ

dカード GOLDからdカードへのダウングレード方法は書面手続きのみです。

ネットや電話では、ダウングレード手続きを進めることはできません。

まずは以下の電話番号に連絡し、dカードにダウングレードしたい旨を伝えましょう。

10:00~20:00(年中無休)
  • dカード GOLD会員の方:0120-700-360(無料)

電話手続きが済んだら、指定した住所に必要書類が送付されてきます。あとは書類に必要事項を記入し、返送するだけで手続きは完了です。

dカード GOLDからdカードへダウングレードする際の注意点

dカード GOLDからdカードへダウングレードする際の注意点として、以下の内容はおさえておきましょう。

  • カード番号が変わる
  • 電子マネーのiDが解約される
  • 家族カードやETCカードが解約される

公共料金などの支払いをdカード GOLDで済ませていた場合は、ダウングレードしたらすぐに、新しいdカードの番号を登録しておきましょう。

また、電子マネーのiDや、家族カードやETCカードについても、必要であれば再度申請しなければなりません。

これらに加え、前述した通り、dカード GOLDの次年度の年会費が請求されてしまわないように、ダウングレードの手続きを完了させるタイミングにも気をつけてくださいね。

解約後でもリボ払いや分割払いは継続される!

解約後でもリボ払いや分割払いは継続される!解約後も分割払い等は継続されるので安心!

カード解約後の支払いはどうなるの?」と気になっている方もいるのではないでしょうか。

こちらに関してですが、以下のことが言えます。

  • カード解約後もリボ払いや分割払いは継続となる
  • 一括で返済することもできる

カードを解約したからといって、全ての利用額の請求が一気にくることはありませんので、その点については安心してください。

毎月の支払い金額は利用明細書で確認しよう

リボ払いや分割払いを利用している方は、カード解約後に送付されてくる利用明細書をチェックしましょう。毎月の支払い額が明記されているはずです。

当然残高を綺麗に返済するまでは、毎月遅延なく、指定口座に必要な金額を準備する必要があります。

カードを解約した後も、最後まで責任を持って、きちんと支払いを励行してくださいね。

一括で返済する方法|コールセンターへ連絡しよう

できるだけリボ払いや分割払いの手数料を回避したい!

このように思われている方は、カード解約後でも一括返済をすることも可能です。

以下の電話番号に連絡し、一括返済を希望する旨を伝えましょう。

10:00~20:00(年中無休)
  • dカード会員の方:0120-300-360(無料)
  • dカード GOLD会員の方:0120-700-360(無料)
    ※リボ払い・分割払い・キャッシングに関するオペレーターによる受付は18:00まで

節約効果を最大限に高める為には、少しでも早く一括返済に踏み切る方が良いのは言うまでもありません。金銭的に余裕のある方はぜひ、リボ払いや分割払いの一括返済を検討してみましょう。

dカードやdカード GOLDを解約してもdポイントは残るので安心を!

dカードやdカード GOLDを解約してもdポイントは残るので安心を!貯めたdポイントは今後も利用可能!

せっせと貯めたdポイントは解約したらどうなるの?」と心配されている方もいるのではないでしょうか。

こちらに関してですが、dカードやdカード GOLDを解約しても、それまでに貯めたdポイントはきちんと残されます。

というのも、dポイントというのは、dカードやdカード GOLDに紐付いているわけではなく、dポイントクラブに紐付けられているためです。

  • dカードやdカード GOLDを解約してもdポイントは残る
  • dポイントはクレジットカードではなく、dポイントクラブに紐付けされている

もちろん、dポイントクラブを解約してしまうと、それまでに貯めてきたdポイントも失われてしまうので、注意が必要ですよ。

dカードやdカード GOLDがなくても、ポイントカードやアプリでdポイントを活用できる

dカードやdカード GOLDを卒業したからといって、dポイントが使えなくなるわけではありません。

以下のいずれかの方法で、今後もdポイントを貯めたり、加盟店で活用することができますよ。

  • dポイントカードを発行する
  • dポイントクラブアプリをダウンロードする

もちろん、ポイントカードもアプリも無料で作成可能です。せっかく貯めてきたdポイントが少しでも残っているのであれば、無駄なく有効活用したいですね。

ポイントはお金そのものと言っても過言ではないですよ。

dポイントが利用できる加盟店

dポイントって、どんなお店で活用できるんですか?」と気になっている方もいることでしょう。

dポイントが利用できる主な加盟店は以下の通りです。

  • ローソン
  • ローソン100
  • ファミリーマート
  • マクドナルド
  • マツモトキヨシ
  • サツドラ
  • 薬王堂
  • 高島屋
  • ジョーシン
  • ノジマ
  • AOKI
  • 東急ハンズ
  • タワーレコード
  • ライフ
  • イオンシネマ
  • はなの舞
  • Amazon
  • メルカリ
  • 無印良品ネットストア

もちろん、上記以外にも様々な加盟店があります。気になる方は『公式ホームページ』でその他の加盟店をチェックしてみてください。

dカード GOLDの解約のデメリット|解約前に要チェック

dカード GOLDの解約のデメリットdカード GOLDの特典を捨てても大丈夫ですか?

dカード GOLDを解約する前に、把握しておきたいdカード GOLDの解約のデメリットとして、以下のような項目が挙げられます。

  • ドコモ料金に対して10%還元が享受できなくなる
  • 空港ラウンジが利用できなくなる
  • dカード GOLD年間ご利用額特典がなくなる
  • ケータイ補償が10万円→1万円になる
  • 国内外の旅行傷害保険が一切享受できなくなる

こうして見てみると、いかにdカード GOLDが優れたクレジットカードであるかが改めてうかがえますね。

以下、それぞれのデメリットについて解説を加えていきたいと思います。

ドコモ料金に対して10%還元が享受できなくなる

dカード GOLDの目玉と言えばやはり、以下のようなドコモ料金に対して得ることができる10%還元でしょう。

dカード GOLDの年会費は11,000円(税込)であり、ドコモ料金だけで毎月9,200円以上の利用があれば、年会費以上のポイントを得ることができます。

  • 9,200円×10%=920ポイント(1ヶ月あたり)
  • 920ポイント×12ヶ月=11,040ポイント(年間)

つまり、毎月9,200円以上のドコモ料金を支払っている方であれば、実質年会費無料でdカード GOLDを保持できるのです。

dカード GOLDの基本還元率が1%であることを踏まえると、ドコモ料金に対する10%を享受できなくなるのはかなりの痛手ですよね。

したがって、ドコモ料金に対してある程度の月額を支払っている方は、dカード GOLDを解約しない方がむしろお得と言えるでしょう。

空港ラウンジが利用できなくなる

dカード GOLDを所有していれば以下の通り、様々な空港のラウンジを利用することができます。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 大阪国際空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港

これだけの空港が一挙に利用できなくなると思うと、旅行好きの方にとっては大きなデメリットですよね。

もちろん、普段から全く旅に出かけることがない方であれば、この点については気にかける必要はありません。

dカード GOLD年間ご利用額特典がなくなる

dカード GOLDの会員は、年間100万円以上のカード利用をすることで、以下のいずれかのクーポンを獲得することができます。

  • ケータイ購入割引クーポン
  • d fashionクーポン
  • d トラベルクーポン
  • dショッピングクーポン
  • dデリバリークーポン

また、獲得できるクーポンの額は以下の通りです。

  • 100万円以上利用した場合
    →11,000円(税込)相当
  • 200万円以上利用した場合
    →20,000円(税抜)相当

年間100万円以上利用することはない!

と断言できる方であれば、この点に関して気にすることはありませんが、年間100万円以上の利用額を見込める方なら、dカード GOLDを解約しない方がむしろお得と考えることもできます。

なぜなら100万円以上利用した場合、11,000円(税込)相当のクーポンが獲得できる為、このクーポンを上手に活用すれば、実質dカード GOLDを年会費無料で所有しているようなものだからです。

したがって、年間100万円以上の利用を無理なく見込める方は、引き続きdカード GOLDを愛用してみてはいかがでしょうか。

ケータイ補償が10万円→1万円になる

dカードやdカード GOLDには、偶然の事故による紛失や盗難、修理不能(水漏れ・全損)などに対するケータイ補償が付帯しています。

ただし、それぞれの補償額は以下の通り、大きく異なる点には注意が必要です。

  • dカード GOLD
    →10万円のケータイ補償
  • dカード
    →1万円のケータイ補償

ゴールドカードと一般カードで、10倍の開きがあるのは驚きですね。

所有しているケータイが絶対に事故に遭わないとは断言できないため、万が一の時により潤沢な補償額を享受したいのであれば、やはりdカード GOLDを持っておくのがおすすめですよ。

国内外の旅行傷害保険が一切享受できなくなる

少しでも旅行に出かけることがある方にとって、国内外の旅行傷害保険が一切享受できなくなるのはかなり痛いのではないでしょうか。

ここでdカード GOLDに付帯している旅行傷害保険の内容を確認してみましょう。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
保険内容補償金額(本会員)補償金額(会員の家族)
死亡後遺障害1億円(自動付帯は5,000万円まで)1,000万円
傷害治療費用300万円50万円
疾病治療費用300万円50万円
賠償責任5,000万円1,000万円
携行品損害50万円15万円
救援者費用500万円50万円
乗継遅延費用保険金20,000円20,000円
出航遅延費用等保険金10,000円10,000円
寄託手荷物遅延費用保険金10,000円10,000円
寄託手荷物紛失費用保険金20,000円20,000円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
保険の種類本会員/家族会員が享受可能な保険金額
死亡後遺障害5,000万円
入院日額5,000円/日
手術入院保険金日額の5倍もしくは10倍
通院日額3,000円/日
乗継遅延費用保険金20,000円
出航遅延費用等保険金10,000円
寄託手荷物遅延費用保険金10,000円
寄託手荷物紛失費用保険金20,000円

さすがはゴールドカードだけあって、国内外ともに潤沢な補償額が用意されている上、航空機遅延保険付きというのが嬉しいですね。

前述したケータイ補償も同様ですが、トラブルというのはいつ何時、私たちの身を襲うかわかりません。

この点を踏まえて考えるとやはり、旅行傷害保険が全く付帯しないdカードよりも、国内外の旅行傷害保険が充実しているdカード GOLDの方が、圧倒的に安心感があるのは言うまでもないことでしょう。

改めてdカード GOLDの特典を知っておきたい方は『dカード GOLDの特典とは?多数のメリット・デメリットで本当にお得か確かめよう!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

dカードGOLDの特典が豪華過ぎる!多数のメリットでお得を存分に受けよう!
dカード GOLDの特典とは?多数のメリット・デメリットで本当にお得か確かめよう!当記事ではdカードゴールドに付帯する特典を詳しく解説しています。dカードGOLDには多くの特典が用意されていることは知っていても、実際に細かく知っている人は多くありません。ぜひdカードGOLDの特典やメリットやデメリットを知って、お得に使い倒しましょう。...

dカードやdカード GOLDの解約方法でよくある質問

dカードやdカード GOLDを解約したあとでも再申し込みはできる?

解約後も申し込むことはできますよ。しかし、解約してすぐに申し込むのはカード会社には良い印象を持たれないので注意しましょう。

支払い残高が残っている状態でdカードやdカード GOLDを解約するとどうなる?

支払い残高がある状態でdカードやdカード GOLDを解約しても、支払いは続きます。
引き落とし口座も解約する予定がある方は、カードの支払いが終わるまでは解約しないよう注意してくださいね。

dカードやdカード GOLDを解約するとdアカウントやdポイントはどうなる?

カードを解約してもdアカウントはそのまま残ります。dポイントはdアカウントに紐付けられているため、dアカウントを消さない限りはdポイントもそのまま残っていますよ。

dカードやdカード GOLDの解約方法まとめ

dカードやdカード GOLDの解約方法まとめここまでお伝えしてきた内容のポイントをまとめると、以下の通りとなります。

  • dカードやdカード GOLDの解約方法は電話or郵送のみ
  • カードの解約による違約金は発生しない
  • 解約する日付によっては次年度の年会費が発生してしまうので注意
  • dカード GOLDからdカードへのダウングレードは書面手続きのみ
  • dカードへのダウングレードで、カード番号が変わるなどの点には要注意
  • カード解約後もリボ払いや分割払いは継続される
  • dカードやdカード GOLDを解約してもdポイントは残る
  • dカード GOLD解約前に、dカード GOLDのメリットをおさらいしておこう

これからdカードやdカード GOLDの解約をお考えの方はぜひ、これらの項目の全てを理解した上で、解約手続きを進めてみてくださいね。

ABOUT ME
D-Portfolio
元携帯ショップ店員として、ドコモやdカードのお得情報や最新情報をわかりやすく、そして早く解説することをモットーに運営しています!ドコモのわかりづらい公式の料金プランやオプション、ドコモ光やホームルーターの評判やお得な契約方法など、ドコモにまつわる情報をお届けします!

POSTED COMMENT

  1. しかしか より:

    郵送で解約手続きはリレーサービスを使いましたが不可でした
    本人以外が解約を進めるのは嘘つき
    本人確認が必要と言われました

    • ドコモJAPAN編集部 より:

      しかしか様

      コメントありがとうございます。
      ご指摘の郵送でのリレーサービスで本人確認が必要ないと記載はしておりません。
      本人が間接的に解約手続きを行うことができるのが郵送になるという意味合いでございます。

      わかりづらい内容で困惑させてしまいかねないので、記事編集の対応を実施いたします。

  2. やいこ より:

    以前はポイント貯まりましたが、今は全然貯まりません。携帯料金同じなのに。

    • ドコモJAPAN編集部 より:

      やいこ様

      コメントありがとうございます。
      携帯料金が同じにも関わらず、dポイントが貯まらなくなったとは、
      dカード GOLDでのことでしょうか?

  3. 赤ちゃん より:

    過去質問にもありますが、郵送での解約にも本人確認が必要だと、説明本文ではなくこの質問コーナーで初めて分かりました。その旨を郵送での解約手続きの項目には明記されていません(すぐ上の行には明記ありますが、そこは電話手続きの項目です。「必要」の明記がないと不親切では)。郵送での解約を求める方は、例えば「本人が認知症などの認識障害により電話での解約が困難な場合」だと思うのですが、郵送での本人確認は本カードの郵送以外に必要なのですか?

  4. 桃の海 より:

    タウングレードを申請しても、返送しなければ成立しないということですよね。

    • ドコモJAPAN編集部 より:

      桃の海様

      コメントありがとうございます。
      仰る通り、必要書類を返送しなければ手続きは成立しません。

  5. 匿名 より:

    dカードを解約したいのに電話がなかなか繋がらない

    • D-Portfolio より:

      匿名様

      コメントありがとうございます。
      クレジットカード解約の電話はすぐには繋がらないことが殆どなので、根気強く問い合わせを続けるしかありません。
      営業時間開始直後の午前中や昼休みで問い合わせが多くなる昼間は、特に繋がりにくい時間帯なので避けたほうがいいかもしれませんね。
      ドコモの「混雑予想カレンダー」で混雑状況を参考にするのもおすすめです。

しかしか へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。