d払い

d払いでマイナポイントを貰おう!最大20,000ポイントを申し込む方法を解説

d払いでマイナポイントがもらえるって本当?
そもそもマイナポイントってどういう制度?

そんなあなたにご覧いただきたいのが当記事の内容です。

現在d払いまたはdカードの利用で、最大20,000ポイントのマイナポイントがもらえるキャンペーンが実施されています。

え!20,000ポイント?」と目を輝かせている人もいるのではないでしょうか。

当記事では、d払いのキャンペーンとして展開されているマイナポイントの獲得方法を丁寧に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみにマイナポイントのキャンペーンは過去にも実施されており、今回は第2弾のキャンペーンですが、第1弾ですでにマイナポイントを獲得した方も、一定の条件を満たせば最大15,000ポイントのマイナポイントがもらえますよ。

タップできる目次
  1. そもそもマイナポイントとは?
  2. d払いでマイナポイントを申し込む方法
  3. 第1弾で申し込み済の人もチャンス!第2弾で最大15,000ポイント獲得
  4. d払いを利用しているならdカードがないと勿体ない!
  5. d払いでマイナポイントを申し込む注意点
  6. d払いでマイナポイントを受け取る方法でよくある質問
  7. d払いでマイナポイントを受け取る手順のまとめ

そもそもマイナポイントとは?

そもそもマイナポイントとは?マイナンバーカードを発行することや登録することでもらえるポイント!

そもそもマイナポイントってなに?」と疑問に思われている人もいることでしょう。

そこで本項ではまず、以下の項目に沿ってマイナポイントへの理解を深めていきたいと思います。

  • マイナンバーカードを発行すると貰えるポイント
  • 上限5,000円分がポイントで返ってくる
  • 健康保険証と公金受取口座登録で更に最大15,000ポイント
  • d払いは「チャージ」「お買い物」が対象

本項の内容をご覧いただければきっと、マイナポイントのキャンペーンを活用しない手がないことにお気づきいただけるでしょう。

マイナンバーカードを発行すると貰えるポイント

マイナンバーカードを発行すると貰えるポイント色んなポイントで受け取れるような仕組みになっている

マイナポイントとは、マイナンバーカードを発行すると貰えるポイントのことを指します。

当記事で紹介しているキャンペーンでは、最大20,000円分のマイナポイントが用意されていますが、マイナポイントを獲得するには以下のようなキャッシュレス決済サービスが必要です。

  • QRコード決済
  • 電子マネー
  • クレジットカード

キャッシュレス決済としてd払いを選んだ場合、マイナポイントとしてdポイントが付与されます。

dポイントを普段使いされている方や、これからdポイントを有効活用しようとお考えの方にとっては嬉しい話ですよね。

上限5,000円分がポイントで返ってくる

上限5,000円分がポイントで返ってくるd払いだけじゃなく、全ての事業者の条件は同じ!

マイナポイントにd払いを登録し、20,000円の残高チャージもしくはお買い物で、5,000円分のdポイントが付与されます。

計算が早い方ならお気づきの通り、なんとd払い利用額の25%還元を享受できるというわけ。

残高チャージやお買い物をするだけで25%還元を得られる話などそうそうありませんよ。

健康保険証と公金受取口座登録で更に最大15,000ポイント

健康保険証と公金受取口座登録で更に最大15,000ポイントすでにマイナンバーカードを持っている人も対象なのは嬉しい!

5,000円分のdポイントが得られるだけでも嬉しいですが、なんと以下の条件を満たすことで、さらに最大15,000円分のdポイントを獲得できます。

  • 健康保険証としての利用申し込み:7,500ポイント
  • 公金受取口座の登録完了:7,500ポイント
    合計:15,000ポイント

前述の5,000ポイントと合わせれば、トータルでゲットできるdポイントは20,000ポイントにものぼります。

20,000ポイントが入ることを妄想すると、ついニヤニヤしてしまいますね。

d払いは「チャージ」「お買い物」が対象

d払いは「チャージ」「お買い物」が対象どちらかを達成すればdポイントが付与!

d払いでマイナポイントを受け取るためには、以下のいずれかのアクションが求められます。

  • チャージ
  • お買い物

ご覧の通り、特に難しい話ではありません。すでにd払いユーザーの方からすると、いつも通りd払いを利用すれば良いだけですね。

さて、それでは次項から、具体的にどのような手順でマイナポイントを受け取るかについてみていきますよ。

d払いでマイナポイントを申し込む方法

d払いでマイナポイントを申し込む方法マイナンバーカードを持っていない人はまずはそこから!

d払いでマイナポイントを受け取るまでの手順は大きく、以下の4ステップに分かれます。

  • マイナンバーを申し込む
  • d払いアプリで申し込む
  • マイナアプリとマイナンバーカードを用意して申し込む
  • d払いでチャージまたは買い物をする

必要なものはマイナンバーカードとd払いアプリ、それからマイナポイントアプリの3つです。

それでは早速、それぞれのステップについてみていきますよ。

マイナンバーを申し込む

まずはマイナンバーカードの申込みです。以下の流れに沿って、手続きを進めましょう。

  1. マイナンバーカードの交付申請をする
  2. 市区町村から交付通知書(はがき)が届く
  3. 必要書類を揃える
  4. 交付窓口でマイナンバーカードを受け取る

上記手順①のマイナンバーカードの交付申請は、スマホやパソコン、証明用写真機、郵送のいずれかで進めることができます。

詳細は『マイナンバーカードの取得方法』をご覧ください。

上記手順③の必要書類は以下の通りです。

  • 交付通知書(はがき)
  • 通知カード(令和2年5月以前に交付を受けている方)
  • 本人確認書類
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • マイナンバーカード(お持ちの方のみ)

少なくとも受付通知書および本人確認書類は必須となります。

交付窓口では4桁の暗証番号を設定することになりますので、事前に暗証番号を用意しておくと良いでしょう。

d払いアプリで申し込む

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

マイナンバーカードを受け取ったら次は、d払いアプリの申し込みです。次の手順に沿って、d払いアプリを起動しましょう。

  1. d払いアプリ』をダウンロード
  2. 各種利用規約を確認し、『同意してログインへ』をタップ
  3. ドコモ回線の方:モバイルネットワーク(spモード/ahamoインターネット接続サービス)に接続して、4桁パスワードのパスワードを入力する。その後、ご利用設定を入力し、『次へ』をタップ。
    ドコモ回線以外の方:dアカウントを入力して次へ。パスワードを入力後、セキュリティコードを入力します。ご利用設定を入力し、『次へ』をタップ
  4. チュートリアルを確認後、利用できるようになる

これで準備はOKです。次のステップへ進みましょう。

マイナアプリとマイナンバーカードを用意して申し込む

d払いアプリの準備が完了したら、次はマイナアプリを起動し、マイナンバーカードを用意して申し込み手続きを進めます。

マイナポイント

マイナポイント

総務省自治行政局無料posted withアプリーチ

手元にはマイナンバーカードを用意しておきましょう。

マイナポイントのダウンロードとマイナンバーカードの準備ができたら、以下の手順でマイナポイントの申し込み手続きを進めていきます。

  1. d払いアプリ内のマイナポイントのアイコンをタップし、『マイナポイントに申込む』をタップ
  2. チャージ』または『お買い物』をタップし、『上記に同意して次へ』をタップ
  3. マイナポイントアプリへ』をタップ
  4. マイナンバーカードを端末にかざして『はじめる』をタップ
  5. マイナンバーカードの新規取得』にチェックを入れ『次へ』をタップ
  6. マイナポイントの利用規約に同意する
  7. 健康保険証としての利用申込み』にチェックを入れた場合は、健康保険証の利用規約に同意する

以上でマイナポイントの申込み手続きは完了です。残すはd払いを利用するステップですね。

d払いでチャージまたは買い物をする

マイナポイントの申込み手続きが完了したら、d払いでチャージもしくはお買い物をすることで、マイナポイントをゲットできます。

マイナポイントの還元率はd払い利用額の25%で、最大5,000円分のdポイントが付与される仕組みです。

つまり20,000円のチャージ、もしくはお買い物をすることで、5,000円分のdポイントが付与されるというわけですね。

ちなみにd払いのチャージ方法は銀行口座、セブン銀行ATM、コンビニ、オートチャージから選ぶことができますよ。

第1弾で申し込み済の人もチャンス!第2弾で最大15,000ポイント獲得

マイナポイント第2弾

当記事の冒頭でも触れましたが、マイナポイントの第1弾ですでに申し込み済みの人も、今回ご紹介している第2弾のマイナポイントで最大15,000円分のポイントを獲得できます。

最大15,000円分のポイントの内訳は次の通りです。

  • 健康保険証としての利用申し込み:7,500ポイント
  • 公金受取口座の登録完了:7,500ポイント
    合計:15,000ポイント

健康保険証の申請と公金受取口座の登録だけで15,000円分のポイントがもらえるのはまさに破格の仕様。

特にデメリットもないため、節約効果を上げたいなら申請しない理由がありません。

どうやって申込みすればいいの?

という質問が飛んできそうですが、健康保険証としての申請は前項『マイナアプリとマイナンバーカードを用意して申し込む』の手順⑥〜⑦ですでに完了しています。

  1. マイナポイントの利用規約に同意する
  2. 健康保険証としての利用申込み』にチェックを入れた場合は、健康保険証の利用規約に同意する

健康保険証の利用規約に同意した後、口座の登録の案内が表示されるため、『こちらにお進みください』をタップし、画面の案内にしたがって口座の登録も済ませておきましょう。

健康保険証の申請と公金受取口座の登録が完了後、3日程度でマイナポイントが付与されますよ。

d払いを利用しているならdカードがないと勿体ない!

dカード
基本還元率1%
年会費永年無料
国際ブランドVisa/Mastercard®
ETCカード初年度無料
2年目以降:550円(税込)
※前年に一度でもカード利用があれば無料
家族カード永年無料

» 公式サイトを見る» 特典を見る

もしもあなたがd払いを利用しているなら、dカードを発行しておかないとずいぶん損をします。

なぜならd払いとdカードの組み合わせで、ガンガンdポイントを貯めることができる上、dカードの新規発行でお得なキャンペーン特典がもらえるためです。

以下、dカードを発行することで得られるメリットを具体的に解説しますね。

d払いとdカードの組み合わせでさらにポイントが貯まる

年会費永年無料のdカードを発行したら、d払いとの組み合わせで最大2.5%のポイント還元を享受できます。

2.5%還元を得るためのステップは次の通りです。

  1. d払いのお支払い方法でdカードを設定する:100円につき1ポイント(dカード支払い分)
  2. d払いかつdポイント対応のお店でdポイントカードを提示する:100円につき1ポイント( dポイント加盟店提示分)
  3. d払い対応のお店でd払いを使う:100円につき0.5ポイント(d払い支払い分)
    合計:100円につき2.5ポイント

d払いだけの利用なら0.5%の還元しか得られませんが、dカードと組み合わせることで一気にパワーアップ。2.5%還元でじゃんじゃんdポイントが貯まります。

d払いもdカードも永年無料で利用できることを踏まえると、本特典を活用しない手はありませんね。

dカードの新規発行でポイントが貰える入会キャンペーンを開催している

dカード入会&カード利用・各種設定で最大5,000円相当プレゼント年会費永年無料で入会特典付き!

dカードでは現在、最大4,000ポイントがもらえる入会キャンペーンに加え、『こえたらリボ』やETCカードのキャンペーンも同時に展開されています。

  • 入会&利用&WEBエントリーで最大4,000ポイント
  • こえたらリボ』の設定で1,000ポイント
  • dカードと同時にETCカードに入会し、ETCカード入会月の翌月末までにエントリーかつ1回以上利用で1,000ポイント
    合計:最大6,000ポイント

最大4,000ポイントを獲得できる新規入会キャンペーンは、入会日〜入会翌々月末までのショッピング利用分に対して15%分が還元されます。

上限の4,000ポイントをゲットしたい方は、キャンペーン期間中に26,667円以上のカード利用を目指すと良いですよ。

d払いでマイナポイントを申し込む注意点

d払いでマイナポイントを申し込む注意点事前にd払いでマイナポイントを受け取る際の注意点をチェックしよう!

当記事最終項では以下の通り、d払いでマイナポイントを申し込む注意点をシェアしておきます。

  • マイナンバーカードを受け取るまでに1ヶ月かかる
  • 選べる決済サービスは一人につき一つだけ
  • 子供や他家族分のポイントはまとめて受け取れない(決済サービスを分けて受け取る必要がある)
  • 受け取るdポイントは通常ポイント扱い

上記の注意事項をあらかじめ把握しておけば、よりスムーズにマイナポイントのキャンペーンを利用できますね。

それでは早速、それぞれの項目についてみていきましょう。

マイナンバーカードを受け取るまでに1ヶ月かかる

マイナポイントを受け取るためのファーストステップとして、マイナンバーカードの申請が必須ですが、マイナンバーカードの申込みから受け取りまでにおよそ1ヶ月の期間を要する点には注意が必要です。

マイナポイントの申込み期限は2023年2月末までとなっているため、ギリギリにマイナンバーカードを申請しても、マイナポイントを受け取ることができません。

  • マイナンバーカードの申込みから受け取りまでにおよそ1ヶ月かかる
  • マイナポイントの申込み期限は2023年2月末まで

まさしく善は急げですね。当記事の内容をご覧になったらすぐにでも、マイナンバーカードの発行手続きを進めてください。

選べる決済サービスは一人につき一つだけ

当記事ではd払いでマイナポイントを受け取る方法を紹介しましたが、d払い以外のキャッシュレス決済でも、マイナポイントを受け取ることができます。

ただし、マイナポイントの受け取りに際して、選べる決済サービスは一人につき一つだけです。

d払いでマイナポイントを受け取ったあとは、他の決済サービスで再度マイナポイントを獲得することはできません。

  • マイナポイント受け取りの際に、選べる決済サービスは一人につき一つだけ
  • d払いでマイナポイントを受け取った後、他の決済サービスで再度マイナポイントを獲得することはできない

もちろん、どの決済サービスを選択しても、得られるマイナポイントは同じです。

マイナポイントの対象となっているキャッシュレス決済の一覧は『マイナポイントの公式ホームページ』でチェックしてみてください。

子供や他家族分のポイントはまとめて受け取れない|決済サービスを分けて受け取る必要がある

マイナポイントの受け取りはあくまで本人分のみです。子供や家族分のマイナポイントをまとめて受け取ることはできません。

マイナポイントを申込みできるのは、本人名義のキャッシュレス決済サービスだけと理解しておきましょう。

ただし、未成年の子供に関しては、親名義のキャッシュレス決済サービスで申し込むことが可能となっています。

ただし、その場合は決済サービスを分けて申込みする必要があります。

たとえばあなたがd払いでマイナポイントをすでに受け取った場合、未成年の子供の分のマイナポイントは、d払い以外のキャッシュレス決済で受け取る必要があるというわけ。

  • 子供や家族分のマイナポイントをまとめて受け取ることはできない
  • マイナポイントを申込みできるのは、本人名義のキャッシュレス決済サービスだけ
  • 未成年の子供に関しては、親名義のキャッシュレス決済サービスで申し込むことが可能

ちなみにマイナポイントの対象になっているクレジットカードであっても、家族カードはマイナポイントの対象外になっているケースが多いです。

心配な場合は、事前にカード会社に確認しておくと良いでしょう。

受け取るdポイントは通常ポイント扱い

d払いを利用してマイナポイントを獲得した場合、付与されるdポイントは通常ポイント扱いです。期間・用途限定のdポイントではありません。

通常のdポイントの有効期限は獲得した月から起算して48か月後の月末までとなっているため、マイナポイントとして付与されたdポイントは非常に息が長いです。

期限切れで失効してしまう心配はまずないでしょう。

  • マイナポイントとして付与されるdポイントは通常のdポイント
  • 通常のdポイントの有効期限は獲得した月から起算して48か月後の月末まで

キャンペーンなどで付与される大量ポイントは期間・用途限定であることがほとんど。最大20,000ポイントを通常ポイントとして付与してもらえるのは非常にありがたいですね。

d払いでマイナポイントを受け取る方法でよくある質問

d払いでマイナポイントはいつ受け取れるの?

お買い物での利用やチャージをした時点でポイントが付与されます。
保険証申込みと公金受取口座の登録でもらえるポイントは申込み後3日後に受け取れます。

マイナポイントの申込み状況を確認するには?

マイナポイントアプリから確認可能です。マイナポイントアプリを利用する際はマイナンバーカードが必要なので手元に用意してくださいね。

マイナポイントを携帯料金に充当することはできる?

マイナポイントをdポイントして受け取った場合でも、携帯電話料金に充当することはできません。
dポイントの他の使い道としては「貯めたdポイントの使い道と使い方を解説|dポイントが使えるお店はどこ?」の記事を参考にしてくださいね。

d払いでマイナポイントを受け取る手順のまとめ

d払いでマイナポイントを受け取る手順や注意点について解説してきました。最後に振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきましょう。

  • マイナポイントの申請で最大20,000ポイントがもらえる
  • 第1弾で申し込み済の人も第2弾で最大15,000ポイントを獲得できる
  • d払いを利用するならdカードを作成しないと勿体ない
  • マイナポイントとして付与されるdポイントは通常のdポイント

マイナポイントはマイナンバーカードとd払いアプリ、マイナポイントアプリさえあれば、誰でも簡単にゲットできます。

20,000ポイントをみすみす逃す手はありません。ぜひあなたも当記事の内容を参考にしていただき、マイナポイントをもれなくゲットしてください。

ABOUT ME
D-Portfolio
元携帯ショップ店員として、ドコモやdカードのお得情報や最新情報をわかりやすく、そして早く解説することをモットーに運営しています!ドコモのわかりづらい公式の料金プランやオプション、ドコモ光やホームルーターの評判やお得な契約方法など、ドコモにまつわる情報をお届けします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。