dカード/dカード GOLD

dカード GOLDでドコモでんきが最大10%の還元率!2つのドコモでんきを比較!

ドコモでんきの支払いって、高いのでは?
ドコモでんきで本当にお得になるの?

dカード GOLDを持っているなら、今すぐ電力会社をドコモでんきにしないと損!

…というのも、dカード GOLDなら、ドコモでんきのポイント還元率が最大10%になるからです。

このような疑問を感じる方もいますよね。

そこで、ドコモでんきの料金からdカード GOLDでお得になる秘密まで、たっぷりと解説しましょう。

他の電力会社では得られないお得さを、ぜひその身で感じてくださいね。

ドコモでんきには2種類ある!2つの違いと特徴とは?

電力会社の中には、それぞれ電気プランがあり、ドコモでんきにも下記の2つのプランがあります。

  • ドコモでんき Green
  • ドコモでんき Basic

まずは、各プランの内容からご説明しましょう。

ドコモでんき Greenは地球に優しい電気プラン

ドコモでんき Greenは地球に優しい電気プラン

ドコモでんき Greenは、再生エネルギー由来の電気プランで、CO2排出が実質ゼロなので、地球にやさしいとってもエコです。

さらに、ドコモでんき Greenの料金をdカード GOLDで支払えば、100円につき10ポイント(還元率10%)になります。

ドコモでんき Basicは基本プラン

ドコモでんき Basicは基本プラン

ドコモでんき Basicは、その名の通り基本プランになります。

dカード GOLDで電気料金を支払うと、100円につき3ポイント(還元率3%)が獲得できます。

電気料金の支払いで得をするなら、ドコモでんき Greenの方がいいですよね。

では、電気料金には違いがあるのか、次の項目でご説明しましょう。

電気料金はドコモでんき Greenの方が高め

dカード GOLDで電気料金を支払うと、下記のようにポイント還元率が変わるなら、ドコモでんき Greenの方がいいように感じますよね。

  • ドコモでんき Green:還元率10%
  • ドコモでんき Basic:還元率3%

しかし、この2つのプランには、電気がエコかどうかだけでなく、電気料金にも違いがあるのです。

そこで、どのくらい料金が変わるのか、わかりやすく一覧表にしましょう。

ドコモでんき Greenドコモでんき Basic
基本料金・最低料金地域電力会社+500円地域電力会社と同等
電力量料金地域電力会社と同等地域電力会社と同等

地域電力会社とは、東京電力・中部電力・関西電力などのことで、従量電灯相当となります。

それなら、電気料金は今使っている地域電力会社と変わらないの?」と思いますよね。

しかし、地域電力会社を利用してもポイントは貯まりませんが、ドコモでんきに変えてdカード GOLDで支払えば、最大10%のポイント還元がある分、お得になるのです。

さて、ドコモでんきの料金は、Greenの方が500円高くなっていますね。

500円高いなら、ドコモでんき Basicの方がいいのでは?と思うかもしれませんが、dカード GOLDで支払った場合のポイント還元率が大きく違うので、実際1年間支払ってみると、ドコモでんき Greenの方がお得になるのです。

そこで、次の章でポイント還元率の違いと、実際に各プランをdカード GOLDで支払った場合のお得度をさらに詳しく解説しましょう。

dカード GOLDで10%還元ならドコモでんきGreenに!

ドコモでんきの料金をdカード GOLDで支払うと、最大10%のポイント還元があることをお伝えしましたね。

しかしこの数字はあくまでも最大数で、実際には10%以下になることもあります。

せっかくdカード GOLDを持っているなら、最大10%のポイント還元を受けたいですよね。

そこで、どの条件が何%の還元率になるのかを、下記の表にまとめましょう。

ドコモでんき Greenドコモでんき Basic
ギガホ・ギガライト・ahamoの場合dカード GOLD会員:10%dカード GOLD会員以外:5%3%
上記以外プランまたはドコモ回線契約を持っていない場合3%2%

10%のポイント還元を受けるためには、ギガホ・ギガライト・ahamoのいずれかを契約しており、ドコモでんき Greenの契約をして、その支払いをdカード GOLDにすることです。

その他の契約内容だと、ポイント還元率は2%から3%になってしまいます。

また、ドコモでんきの請求月の前月末時点で、ドコモでんきの登録に必要な携帯電話回線と、dカード GOLDの利用電話番号が同じであることも条件です。

ちょっと面倒かも…

このように感じたかもしれませんが、最初に各手続きを行なっておけば、翌月からは自動的に10%のポイント還元が受けられるので、はじめの1回だけは頑張って登録しましょう。

さて、前章で少し触れましたが、ドコモでんき GreenはBasicよりも500円高いですよね。

料金が高いのだから、本当にGreenの方がお得になるのか疑問ですよね。

そこで次の項目では、ドコモでんき GreenとBasicの1年間の料金を、例を挙げて比較してみましょう。

ドコモでんき Greenの方がBasicよりもお得?!

毎月かかる電気料金の比較は、ドコモが用意している『料金シミュレーション』を使って行えます。

例えば、東京電力で6月分の電気料金が1万円かかったとしましょう。

6月分の電気料金と同じ金額を1年間支払ったとすると、下記の表のようになります。

1年間の電気料金貯まるポイント数
東京電力162,840円0ポイント
ドコモでんき Green
※dカード GOLD払い
168,840円13,007ポイント
ドコモでんき Basic162,840円3,712ポイント

上記の表の電気料金から、今度は獲得できるポイント数を引いて、どのくらいお得になるのかを計算すると、下記のようになります。

  • 東京電力
    ⇒【162,840円】-【0ポイント】=162,840円
  • ドコモでんき Green(※dカード GOLD払い)
    ⇒【168,840円】-【13,007ポイント】=155,833円
  • ドコモでんき Basic
    ⇒【162,840円】-【3,712ポイント】=159,128円

するとどうでしょう。最も高い電気料金だったドコモでんき Greenが、加算されたポイントを差し引いたことで最も安くなりましたね。

電気料金は毎月必ず発生する費用ですし、長い目で見ると、ドコモでんき Greenが最もお得だとわかります。

しかも、地球にやさしい再生エネルギーだから、あなたの孫・ひ孫の時代まで良い環境を残すことができるかもしれませんね。

電気料金がどのように変わるか気になる方は、『料金シミュレーション』で現在の電気料金を入力してみるといいでしょう。

dカード GOLDならドコモやドコモ光の利用料金も10%還元に!

dカード GOLDがドコモユーザーに選ばれる理由はたくさんありますが、中でもお得なのが、ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金が10%のポイント還元であることです。

  • ドコモケータイ・ドコモ光:1,000円につき100ポイント!(還元率10%)

例えば、ドコモケータイ・ドコモ光の毎月の利用料が8,000円だとしたら、1か月800ポイントの獲得となり、1年間で9,600ポイントも加算されることになるのです。

この特典は、dカード GOLDだからこそ得られる特典です。

他にも、dカード GOLDでポイントをガッツリ貯められる特典があるので、簡単にご説明しましょう。

ドコモのポイント経済圏を作って得をしよう!

dカード GOLDには、ポイントが貯まりやすい特典が下記のようにたくさんあります。

  • どこで使ってもポイント還元率1%
  • 年間利用額100万円以上で11,000円相当の特典あり
  • 年間利用額200万円以上で22,000円相当の特典あり
  • dカードポイントモール』で最大10.5倍のポイント獲得
  • dカード特約店で獲得ポイントUP! など

貯まったポイントは、dポイント加盟店やドコモショップなどで使えますし、iDキャッシュバックやd払いに利用することも可能!

dポイントが使えないお店でも、iDやd払いができれば、ポイントを交換した分お得になるということ。

さらに、100ポイントから株まで購入できます。

ドコモの携帯電話を使っている

経済圏を意識している

という方なら、ドコモ経済圏を確立するのがおすすめです。

ahamo利用者なら毎月5GBの通信容量アップ!

ahamo利用者なら毎月5GBの通信容量アップ!

ドコモでんき Greenで最大10%のポイント還元を受けるには、dカード GOLDを発行していることと、ギガホ・ギガライト・ahamoのいずれかの契約が完了していることでしたね。

ドコモで携帯電話を購入すると、携帯プランの中に『ギガホ』『ギガライト』があるので、目にする方も多いかもしれません。

しかし、「ahamoってどういったもの?」という方も多いかもしれませんね。

ahamoはドコモが行っている格安プランのことで、シンプルな内容なのにサービスが充実しています。

利用可能エリアは、ドコモの4G・5Gはもちろん、海外82の地域でも利用可能な上、追加料金は一切かかりません。

実は、ahamoとdカード GOLDを紐づけておくと、なんとデータ量5GBが無料で追加されます。

データ量を気にせず安心して使いたいなら、dカード GOLDの利用携帯電話番号をahamoにして、支払いをdカード GOLDにするほうがいいですね。

このように、一般のクレジットカードやdカードでは得られない特典・サービスが、dカード GOLDで受けられるのです。

dカード GOLDを持っていない方は、すぐにでも発行して、ポイントをザックザクと貯めたいところですね。

でも、せっかく入会するなら、dカード GOLDのキャンペーンが行なっている時がいい

こんなあなたに朗報です。今dカード GOLDに入会すると、豪華な特典がもらえるのです。

そこで次の章では、dカード GOLDの入会キャンペーンについてご説明しましょう。

dカード GOLDの入会キャンペーンでよりお得にdポイントをもらおう!

dカードゴールド
還元率1%
年会費11,000円(税込)
国際ブランドVISA,MasterCard
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:1,100円(税込)
ETCカード無料

dカード GOLDには、ポイントがよく貯まる特典だけでなく、ゴールドカードならではの特典もあります。

今dカード GOLDに申し込みをすると、『入会&利用&Webエントリーで最大11,000ポイントプレゼント』+『増額キャンペーン2022』が適用されます。

どんな特典内容なのか、とっても気になるところですよね。

そんなあなたのために、入会キャンペーンの概要を簡単にご紹介しましょう。

今なら『入会&利用&Webエントリーで最大11,000ポイントプレゼント』に『増額キャンペーン2022』をプラス!

新規入会&条件達成で最大22,000ポイントプレゼント

dカード GOLDは、よく新規入会でポイントがもらえる入会キャンペーンを行なっています。

しかし、今回はなんと期間限定で通常の入会キャンペーンにプラスして、『増額キャンペーン2022』まで適用されるのです。

どのような特典内容なのか、下記の表にまとめましょう。

キャンペーン名特典ポイント
入会&利用&Webエントリー最大11,000ポイント
増額キャンペーン2022最大10,000ポイント
合計最大21,000ポイント

特典をもらう条件は、2022年9月30日までにdカード GOLDに申し込みをして審査に通過し、申込月の翌々月末までにカード利用・Webエントリーをするだけです。

dカード GOLDの新規入会はもちろん、dカードからのアップグレードも入会キャンペーン特典の対象なので、新規申し込みまたはカードを切り替えるなら今がチャンスです。

dカード GOLDを入手したら、キャンペーン特典の条件をしっかり満たして、最大21,000ポイントをあなたのものにしましょう。

ドコモでんきでよくある質問

ドコモでんきって2種類あるけど違いは?

基本プランのドコモでんきBasicはdカード GOLDで支払うと100円につき3ポイント獲得できます。500円高くなるドコモでんきGreenはdカード GOLDで支払えば100円につき10ポイント獲得できますよ。

一般的な電気会社とドコモでんきの違いは?

同じdカード GOLDで支払うとしても、電気会社はクレジット決済分のポイントしか得られないのに対して、ドコモでんきなら2~10%のポイント還元を得られます。

ドコモでんきで最大の10%還元を受けるには?

以下の条件を満たせばドコモでんきで10%還元を受けることができます。

  • ドコモでんきGreenで契約する
  • dカード GOLDを発行・支払い設定にしている
  • ギガホ・ギガライト・ahamoのいずれかを契約している

ドコモユーザーならドコモでんきやdカード GOLDを利用してdポイントをザクザク貯めよう!

dカード GOLDなら、ドコモでんきで最大10%のポイントが加算され、お得になることがわかりましたね。

ただ、最高数値の10%還元を受けるなら、ドコモでんきの2つのプランのうち、『ドコモでんき Green』でないといけません。

また、ギガホ・ギガライト・ahamoのいずれかを契約している必要があります。

どの契約をしていたか忘れた方は、今一度契約内容を確認しましょう。

dカード GOLDがお得な理由は、ドコモでんきだけではありませんでしたね。

ドコモ携帯電話やドコモ光の利用料も、dカード GOLDなら10%の還元率になります。

ドコモではないけど、dカード GOLDに魅力を感じる!

という方は、この機会にドコモに乗り換えるのもいいでしょう。

dカード GOLDとドコモでんきのゴールデンコンビで、地球にやさしい電気をお得に使っていきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。