ドコモ光

ドコモ光の利用料金を滞納したら利用停止はいつ?強制解約になるまでの期間と対処法を解説

ドコモ光の利用料金を滞納してしまった!

もしかして利用停止や強制解約もあり得る?

このような状況に陥ってしまった方にぜひともご覧いただきたいのが当記事の内容です。

まず最初に大事なことだけ結論としてお伝えしておくと、ドコモ光の利用料金を滞納してしまった場合の利用停止日や強制解約日の目安は次の通りです。

  • 利用停止:支払い日から1ヶ月弱後
  • 強制解約:支払い日から2ヶ月後

えー!どうしよう!

と頭を抱えてしまっている方もいるかもしれません。

当記事では、ドコモ光の利用料金を滞納してしまった場合の対処法や、利用停止、強制解約に至るまでの流れなどについて解説しています。

ぜひ以下の内容に目を通していただき、これからどのように行動するべきかを明確にしてください。

\遮断前の一時しのぎに!/

» dカード・dカード GOLDの利用料を滞納した場合の利用停止日や強制解約に至る日数とは?

» ドコモの利用料金を滞納した場合に強制解約になるのはいつ?利用停止日と支払い後の再開までの流れ

まずはドコモ光の引き落とし日を知ろう!

まずはドコモ光の引き落とし日を知ろう!口座振替設定にしているなら月末の引き落とし!

すぐにでもドコモ光を滞納した場合の対処法についてお伝えしたいところですが、まずはドコモ光の引き落とし日を再確認しておきましょう。

ドコモ光の引き落とし日は月末です。

つまり、月末までに口座に必要な金額を用意できなければ、ドコモ光の利用料金は滞納扱いとなってしまいます。

  • ドコモ光の引き落とし日は月末
  • 滞納を避けるためには毎月の月末までに必要な金額を準備する

ついつい利用料金を滞納してしまう方の特徴としては、期日のギリギリまで行動を起こさないことです。

ギクリ!

と思われた方はこれを機に意識を改めていただき、何事も余裕を持って行動する癖をつけてくださいね。

ドコモ光を滞納した場合の対処法

ドコモ光を滞納した場合の対処法ドコモ光の利用料金を滞納してしまった場合、引き落とし日の約1週間後にメールやハガキで料金支払通知書が届きます。

通知書に書かれている内容は次の2点です。

  • 再振替予定日
  • 再振替日にも遅れると利用停止になる旨

つまり、ドコモ光の利用料金を滞納してしまった時の対処法としては、何が何でも再振替予定日の前日までに、必要な金額を口座に用意しておくことに尽きます。

それが難しいから困ってるんだよ!

という声が飛んでくるかもしれませんね。どうにもこうにもお金の工面ができそうにない場合は、最終手段を使うことも視野に入れましょう。

一時しのぎでカードローンの利用を検討するのも一つ

一時しのぎでカードローンの利用を検討するのも一つネット環境が止められる前に対処しよう!

日常生活における無駄を排除し、日払いのアルバイトもやった。

それでもお金が足りないなら、一時しのぎでカードローンの利用を検討するのも一つの方法です。

もちろん、カードローンは立派な借金ですから、あくまでも最終手段であり、カードローン利用後は返済に全神経を注ぐ必要があります。

  • 一時しのぎでカードローンの利用を検討するのも一つの方法
  • カードローンは立派な借金
  • カードローン利用後は返済に全神経を注ぐ

なお、カードローンを利用するなら、比較的低金利で借入可能な銀行系カードローンがおすすめです。

以下、主な銀行系カードローンと金利を記載しておきますので参考にしてください。

カードローンの種類金利
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
バンクイック
(三菱UFJ銀行カードローン)
1.8%~14.6%
楽天銀行カードローン1.9%〜14.5%→0.95%~7.25%
※期間限定キャンペーン中

ドコモ光の利用料金を滞納した時の利用停止日や復活はいつ?

ドコモ光の利用料金を滞納した時の利用停止日や復活はいつ?引き落とし日の滞納から約1ヶ月後には利用停止に

冒頭でも記載した通り、ドコモ光の利用料金を滞納した場合、引き落とし日の約1ヶ月弱後に利用停止扱いとなってしまいます。

もちろん、これはあくまでも目安の期間であり、実際にはもっと早く、利用停止日が訪れる可能性も想定しておく必要がありますね。

  • ドコモ光の利用料金を滞納すると、引き落とし日の約1ヶ月弱後に利用停止扱いとなる
  • 利用停止になるタイミングはケースバイケース

さて、利用停止から復活するためにはもちろん、滞納分を完済しなければなりません。

次項では、滞納分を返済した後、どれくらいで利用停止が解除されるのかについて見ていきます。

利用停止から復活するのは、ドコモが返済を確認した後

利用停止から復活するのは、ドコモが返済を確認した後即日で復活するわけではない

結論から述べると、ドコモ光の利用停止が解除されるのは、あなたの返済履歴をドコモが確認した後です。

当然、あなたが滞納分を返済するタイミングと、ドコモが返済履歴を確認するタイミングにはラグが生じます。

支払いさえ完了すれば、すぐにドコモ光の利用が復活するとは限らないというわけですね。

  • 利用停止から復活するのは、ドコモが返済を確認した後
  • 返済のタイミングとドコモが返済履歴を確認するタイミングにはラグがある
  • 支払いさえ完了すれば、すぐにドコモ光の利用が復活するとは限らない

以上を踏まえるとやはり、最善の解決策としては、とにかく再振替予定日に間に合うように、お金を工面することと言えるでしょう。

ドコモ光が利用停止から強制解約に至るまでの流れ

ドコモ光が利用停止から強制解約に至るまでの流れ

ドコモ光の利用料金を滞納し、約1ヶ月後には利用停止措置をくらいます。

また、滞納を続けていると、滞納から約2ヶ月後には強制解約に至ります。

下記でドコモ光の強制解約までの流れを紹介しましょう。

  1. ドコモ光の利用料金を滞納してしまう
  2. 引き落とし日の約1週間後に料金支払通知書が届く
  3. 再振替予定日に間に合わず、延滞が続いてしまう
  4. 引き落とし日から約1ヶ月弱後に利用停止となる
  5. 引き落とし日の約1ヶ月半後に契約解除の予定通知が届く
  6. 引き落とし日の約2ヶ月後に強制解約に至る

ドコモ光の利用料金を滞納してしまった場合の利用停止から強制解約に至るまでの流れは上記の通りです。

最悪の事態を迎えるまでの猶予は引き落とし日から約2ヶ月というわけですね。

もちろん、2ヶ月以内に…とギリギリの目算で行動していると、期日に間に合わないリスクが高くなります。

常に前倒しの精神を忘れず、早め早めの対処を心掛けることが重要ですよ。

ドコモ光の利用料金を滞納した場合のリスクや強制解約後に待っているもの

ドコモ光の利用料金を滞納した場合のリスクや強制解約後に待っているものドコモ光の滞納は様々なリスクを背負うことにもなりかねない!

笑えないほどに切羽詰まった状況の方にとって、ここから先の内容は怖くて目をそらしたくなるかもしれませんが、きちんと現実を直視し、逃げずに向き合いましょう。

ドコモ光の利用料金を滞納した場合のリスクをまとめると次の通りとなります。

  • 遅延損害金が発生する
  • ドコモ光が利用停止になってしまう
  • 強制解約に至る
  • 裁判沙汰に発展する

え?裁判沙汰?

とビックリされたかもしれませんが、ドコモ光の利用料金の滞納は立派な規約違反です。

以下、それぞれの項目について深掘りしていきますので、滞納の末に待っているリスクの大きさをリアルに感じ取っていただければと思います。

遅延損害金が発生する

ドコモ光の利用料金を滞納し、再振替予定日にも支払いが間に合わなかった場合、再振替予定日の翌日以降、遅延損害金が発生してしまいます。

この遅延損害金、何が恐ろしいかといえば、日に日に雪だるま式に膨れ上がっていくことです。

確かに強制解約に至るまでにはおよそ2ヶ月の猶予はありますが、ダラダラと支払いを先延ばしにしていると、とんでもない金額を請求されると覚悟しておきましょう。

  • 再振替予定日の翌日以降、遅延損害金が発生する
  • 遅延損害金は日に日に雪だるま式に膨れ上がっていく

滞納分の支払いが厳しい状況下で、さらに遅延損害金という追い討ちを受けるのは非常に苦しいと思いますが、最終手段のカードローンでの借入を含め、ありとあらゆる手段を講じ、とにかく一日でも早い完済を目指してください。

ドコモ光が利用停止になってしまう

すでにお伝えした通り、ドコモ料金の支払いができないまま、引き落とし日から約1ヶ月弱が経過すると、とうとうドコモ光が利用停止になってしまいます。

もちろん、強制解約に至ってしまう前に滞納分を支払えば、利用停止は解除になるものの、返済してすぐに、利用停止から復活するとは限りません。

あなたが返済するタイミングから、ドコモが返済履歴を確認するまでにはタイムラグがあるのです。

  • 支払いができないままに引き落とし日から約1ヶ月弱が経過すると、ドコモ光が利用停止になる
  • 返済してすぐに利用停止から復活するとは限らない

ドコモ光の利用停止によって、娯楽のyou tubeなどが快適に見れなくなるのはまだ可愛いものですが、重要な仕事が滞ってしまうのは痛いですよね。

ドコモ光の利用停止が、あなたの私生活やビジネスにどのような悪影響を及ぼすのか、改めて考えた上で、迅速な返済に努めましょう。

ドコモ光の強制解約に至る

日数はあくまでも目安として受け止めていただきたいのですが、ドコモ光の利用料金を滞納したまま引き落とし日から約2ヶ月が経過してしまうと、ついに強制解約の末路を迎えてしまいます。

場合によっては、2ヶ月よりも早いタイミングで見限られてしまう可能性もゼロではありません。

2ヶ月という期間は希望的観測であることを忘れないでください。

  • ドコモ光の利用料金を滞納したまま約2ヶ月が経過すると、強制解約の末路を迎えてしまう
  • 2ヶ月よりも早いタイミングで見限られてしまう可能性もゼロではない

なお、仮に強制解約に至ってしまった場合、ドコモ光の再契約はおろか、他の通信サービスの契約もできなくなることも考えられます。覚悟しておきましょう。

裁判沙汰に発展する

当記事のご覧のあなたにはこんな未来を絶対に迎えて欲しくないですが、強制解約の先で待っているのは裁判です。

まず、ドコモ光が強制解約になったからといって、支払いの義務から解放されるわけではありません。

残債および遅延損害金がどれだけ膨れ上がっていたとしても、一括請求がかかります。

そして、度重なる支払いの要請に対し、対応できないままでいると、最終的には強制的にあなたの財産が差し押さえられてしまうという流れです。

ここまでくると詰みです。

どう足掻いても、厳しい現実から逃れることはできないでしょう。

  • ドコモ光が強制解約になっても、支払いの義務からは解放されない
  • ドコモ光の強制解約後は、残債および遅延損害金が一括請求される
  • 一括請求にも対応できずにいると裁判沙汰になり、あなたの財産が差し押さえられる

事の発端はちょっとした気の緩みだったことと思います。

ただ、滞納を放置してしまうと日を追うごとに事態は深刻化し、人生で忘れることができない黒歴史を残すハメになるのです。

いかに滞納が恐ろしい行為であるかは十分に理解されたでしょうから、今すぐ明るい未来を迎えるための一歩を踏み出してくださいね。

ドコモ光の利用料は滞納前に対処して強制解約を防ごう!

ドコモ光の利用料金を滞納し続けた先には利用停止はもちろん、強制解約や裁判沙汰が待ち構えています。

いかに早い段階で負のスパイラルを抜け出すかが重要ですね。

ここで振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきましょう。

  • ドコモ光の引き落とし日は月末
  • ドコモ光を滞納した場合は再振替予定日までに必要な金額を口座に準備する
  • ドコモ光を滞納すると遅延損害金が発生する
  • ドコモ光を滞納すると、場合によってはクレジットヒストリーに記録が残る
  • ドコモ光の滞納が続くと最終的に強制解約に至る
  • 強制解約の処分に至ると、ブラックリスト入りが確定する
  • 強制解約後は残債が一括請求される
  • 強制解約後も支払いに応じずにいると裁判沙汰に発展する

本文でも記載しましたが、どうしてもお金を工面するのが難しい場合は、カードローンの利用も視野に入れてください。

何が何でも強制解約や裁判沙汰だけは回避しなければ、あなたの人生を大きく揺るがすことになってしまいますよ。

» ドコモ光の評判・口コミはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。