ドコモ

ドコモ端末のSIMロックを解除する方法|条件を満たせば即時解除が可能!

ドコモのSIMロックを解除する方法は?

そもそもSIMロックってなに?

このページにアクセスされたあなたはおそらく、ドコモのSIMロック解除に関して詳しい情報を求めているのではないでしょうか。

ここでは、ドコモ端末のSIMロックに関する基礎知識やSIMロックの解除方法などに加え、SIMロック解除が必要ないケースについても言及していきたいと思います。

初めてSIMロックの解除をする方にはとっては何が何だか分からないかもしれませんが、以下の内容をご覧いただければスッキリすることでしょう。

ドコモ端末のSIMロックとは?

ドコモ端末のSIMロックとは、ドコモのSIMカードしか利用できなくするための制限のことを指します。

もちろん、SIMロックはドコモ端末にのみ使用されている言葉ではなく、他のケータイにおいても共通の概念です。

そもそも携帯電話には、『SIMカード』と呼ばれるICカードがセットされています。

このSIMカードには、加入者を特定するためのID番号が記録されており、ドコモやソフトバンク、auなどの各携帯キャリアはSIMカードによって契約者を認識し、通話や通信といったサービスを提供するわけですね。

  • ドコモ端末のSIMロックは、ドコモのSIMカードしか利用できなくするための制限
  • SIMロックは各キャリアにおいて共通の概念
  • 各携帯キャリアはSIMカードで契約者を認識し、通話や通信などのサービスを提供する

そして、ドコモやソフトバンク、auなどの携帯キャリアが販売する端末には、その携帯キャリアのSIMカードしか利用できなくするためのロックがかかっています。

これをSIMロックと呼びます。

参考» ドコモで機種変更する方法|店舗、ネットどちらでも機種変更が可能!

ドコモ端末のSIMロックを解除する方法

SIMロックのことは分かったけど、どうやって解除すればいいの?

という疑問がここで生じると思います。

そこで本項では以下の項目に沿って、ドコモ端末のSIMロックを解除する方法について解説したいと思います。

  • まずはSIMロック解除の受付条件を確認しよう
  • SIMロック解除の方法は3種類
  • SIMロック解除の際に必要なもの
  • ドコモオンラインでの手続きならSIMロック解除手数料は無料

ご覧の通り、一口にドコモのSIMロック解除と言っても、事前に確認すべき項目が複数ありますね。

なんだか複雑そう!

と顔をしかめてしまうかもしれませんが、それぞれの内容はとてもシンプルですから心配ありません。

早速、それぞれの項目について深掘りしていきますよ。

まずはドコモのSIMロック解除の受付条件を確認しよう

まず最初に大前提として、あなたのお持ちのケータイがSIMロック解除の受付条件を満たしているかどうかは確かめておく必要があります。

SIMロック解除の受付条件については、以下のパターンでそれぞれ考え方が異なります。

  • 端末購入即時でSIMロックを解除する場合
  • 契約者本人の購入履歴のあるケータイの場合
  • 2015年5月以降に発売された機種の場合
  • 中古端末販売店で購入した機種や、友人から譲り受けた場合

あなたは上記のどのパターンに該当するでしょうか。以下、それぞれのパターンの条件について見ていきましょう。

端末購入即時でSIMロックを解除する場合

あなたがこれからドコモのケータイを購入されるのであれば、以下のそれぞれのケースにおいて、①か②のいずれかの条件を満たしていれば、SIMロックが解除された状態で端末を受け取ることができます。

ドコモの回線契約を伴うケース
  1. 端末を一括払いで購入する
  2. 当該回線または一括請求の代表回線において、支払い方法をクレジットカードに設定する
ドコモの回線契約を伴わないケース
  1. 端末を一括払いで購入する
  2. スマホおかえしプログラム』を適用し、当該機種の分割支払金の支払い方法をクレジットカードに設定する

要は一括払いで代金を払うか、支払い方法としてクレジットカードを設定することで、ドコモのケータイ購入時に即、SIMロックの解除が可能となるわけですね。

契約者本人の購入履歴のあるケータイの場合

契約者本人の購入履歴のあるケータイの場合、ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないことがSIMロック解除の受付条件です。

これに加え、以下のいずれかの条件を満たしていれば、即時にSIMロック解除ができます。

  • 当該機種の購入後100日経過した場合
  • 当該回線において、過去SIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合
  • 当該機種を一括払いで購入した場合、または分割払いで購入し、その分割支払金/分割払金の精算をした場合
  • 当該回線(解約済み回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金の支払い方法をクレジットカードに設定した場合

ちなみにネットワーク利用制限の対象機であるかどうかは、『ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト』でチェックできますよ。

参考» ドコモのネットワーク利用制限完全ガイド|三角を丸にする方法

2015年5月以降に発売された機種の場合

2015年5月以降に発売された機種をお持ちの場合、購入日から100日以上経過していることが、SIMロック解除の受付条件です。

ただし、以下のいずれかの条件を満たす場合は、購入日から100日以上経過していなくても、SIMロック解除の対象となります。

  • 一括払いでの購入、または分割払いで購入し、その分割支払金/分割払金の精算が済んでいる
  • 当該回線(解約済み回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金の支払い方法をクレジットカード設定している
  • 対象回線におけるSIMロック解除実績があり、かつ前回のSIMロック解除受付から100日経過している

なお、SIMロック解除実績については、回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象であることには注意が必要ですよ。

中古端末販売店で購入した機種や、友人から譲り受けた場合

中古端末販売店で購入した機種や、友人から譲り受けた場合は、以下の条件を満たしていればSIMロック解除が可能です。

  • ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていない
  • ドコモの販売店で分割払いで購入した日から100日経過している

すでにお気づきの通り、いずれのパターンにおいても、ケータイ購入日から100日経過しているかどうかは一つの大事な基準と言えますね。

ドコモ端末のSIMロック解除の方法は3種類

さて、SIMロック解除の受付条件を満たしていることを確認していただいたところで次に、SIMロック解除の方法について見ていきましょう。

SIMロックを解除する方法は以下の3通りから選べます。

  • ドコモオンラインショップ手続きから申し込みする
  • 電話で申し込みする
  • ドコモショップで申し込みする

特にこだわりがない限り、ドコモオンラインショップ手続きが一番おすすめです。

ドコモオンラインショップ公式のオンラインショップで手続きを!

なぜならネット環境さえあればいつでもどこでもサクッと手続きが完了する上、解除手数料がかからないためです。

なお、2011年4月~2015年4月に発売された機種の場合、ドコモショップのみでの受付となります。

以上を踏まえた上で、それぞれの解除方法の詳細についてご覧ください。

ドコモオンラインショップ手続きから申し込みする

どうせ手続きするなら断然お手軽なオンラインが良い!

と思われた方にまずご確認いただきたいのが、以下の注意事項です。

  • パソコンやWi-Fi経由などドコモのケータイ回線以外から手続きする場合、『dアカウント』が必要
  • スマートフォン、ドコモケータイ(spモード)などドコモのケータイ回線から手続きする場合、『ネットワーク暗証番号』が必要

すでにご存知と思いますが、『dアカウント』はドコモのケータイを持っていなくても簡単に発行できる無料の共通IDです。

dアカウントもしくはネットワーク暗証番号を手元に用意できたら、以下の手順でSIMロック解除を進めましょう。

パソコンまたはWi-Fiから接続する場合
  1. My docomo』にアクセスし、『ログインして表示』を選択する
  2. dアカウントID、パスワード入力してログインする
  3. 画面上部の『契約内容・手続き』を選択し、検索バーに『SIMロック解除』と入力する
  4. 検索結果が表示されるので、『お手続きする』を選択する
  5. 画面の案内にしたがって手続きを進める
ドコモのケータイ回線から接続する場合
  1. dメニューから『My docomo』にアクセスし、『ログインして表示』をタップする
  2. 電話番号を確認し、ネットワーク暗証番号を入力後、暗証番号確認ボタンをタップする
  3. 画面上部の『契約内容・手続き』を選択し、検索バーに『SIMロック解除』と入力する
  4. 検索結果が表示されるので、『お手続きする』を選択する
  5. 画面の案内にしたがって手続きを進める

ドコモオンラインショップを活用するメリットについては『絶対に活用したいドコモオンラインショップを利用するべきメリット|店舗との差を徹底比較』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

電話で申し込みする

オンライン手続きは苦手だから電話がいい!

という方は以下のいずれかに電話し、オペレーターに対してSIMロック解除をしたい旨を伝えましょう。

  • 151(ドコモのケータイから)
  • 0120-800-000(一般電話から)
    ※受付時間:午前9時〜午後8時

ドコモのケータイからはもちろん、一般電話からも通話料はかかりません。

ただし、SIMロック解除の手数料として3,000円は発生してしまうため、できればドコモオンライン手続きで進める方が良いでしょう。

ドコモショップで申し込みする

ちょうどドコモショップに立ち寄る予定がある!

そんな方はドコモショップで店員さんにSIMロック解除したい旨を伝え、手続きを進めると良いでしょう。

ただし、以下の2点については注意が必要です。

  • 一部の機種を除き、SIMロック解除の手数料として3,000円がかかる
  • ドコモショップが混雑していて、スムーズに手続きが進まない可能性が想定される

本来、オンラインの手続きなら発生しない3,000円が取られてしまうのはやはり痛いですね。

SIMロック解除の際に必要なもの

SIMロック解除の際に必要なものは次の通りです。

  • SIMロック解除手続きを行う携帯電話機
  • パスポートや健康保険証などの本人確認書類(法人名義の場合のみ)
  • 暗証番号/パスワード
  • 解除手数料3,000円(オンライン手続きは無料)

暗唱番号/パスワードが思い出せない!

という方は、『公式ホームページ』にアクセスし、事前に再設定の手続きなどを済ませておきましょう。

ドコモオンラインでの手続きならSIMロック解除手数料は無料

先ほどもチラリと触れましたが、受付方法やお手持ちのケータイの種類によっては、SIMロック解除手数料として3,000円がかかる場合があります。

SIMロック解除手数料に関する詳細は以下の通りです。

ドコモ契約者の場合
機種種別申し込み方法
オンライン電話ドコモショップ
・ドコモスマートフォン
・ドコモタブレット
・ドコモ ケータイ(spモード)
・ドコモらくらくホン(spモード)
・ドコモらくらくスマートフォン
・スマートフォン for ジュニア
・キッズケータイ F-03J
・キッズケータイ SH-03M
無料3,000円3,000円
・iPhone
・iPad
無料3,000円3,000円
・ドコモ ケータイ(iモード)
・ドコモ らくらくホン(iモード)
・ドコモ キッズ
・ジュニア(スマートフォン for ジュニア、キッズケータイ F-03J、キッズケータイ SH-03Mを除く)
無料
データ通信製品(データカード・Wi-Fiルータ)無料
ドコモを解約された方の場合
機種種別申し込み方法
オンライン電話ドコモショップ
・ドコモスマートフォン
・ドコモタブレット
・ドコモ ケータイ(spモード)
・ドコモらくらくホン(spモード)
・ドコモらくらくスマートフォン
・スマートフォン for ジュニア
・キッズケータイ F-03J
・キッズケータイ SH-03M
無料3,000円
・iPhone
・iPad
無料3,000円
・ドコモ ケータイ(iモード)
・ドコモ らくらくホン(iモード)
・ドコモ キッズ
・ジュニア(スマートフォン for ジュニア、キッズケータイ F-03J、キッズケータイ SH-03Mを除く)
無料
データ通信製品(データカード・Wi-Fiルータ)無料

ご覧の通り、オンライン手続きなら無料でSIMロック解除ができます。

ただし、2011年4月~2015年4月に発売された機種の場合は、そもそもオンライン手続きができませんので、3,000円の解除手数料を支払う他ないですね。

格安SIMへ移行時にドコモ回線を使うならSIMロック解除はほぼ必要ない

格安SIMを検討しているあなたに朗報なのが、格安SIMへ移行時にドコモ回線を使うならSIMロック解除はほぼ必要ないということです。

  • ドコモ回線を使う:SIMロック解除は必要なし
  • ドコモ以外の回線を使う:SIMロック解除が必要

ドコモさんからすれば、「うちの回線を使っていただけるのであれば、SIMロックしなくていいですよ。」といった具合ですね。

もちろん、ソフトバンクやau回線の格安SIMを利用する場合は、SIMロック解除の手続きが必須となります。

メルカリなどフリマアプリで売る場合はSIMロック解除している方が高値で売れる

もしもあなたが将来的に、お手持ちのケータイをメルカリなどのフリマに出すつもりなら、SIMロック解除手続きをしておいた方がお得かもしれません。

なぜなら、SIMロック解除をしていないケータイよりも、SIMロック解除が済んでいるケータイの方が、フリマ市場では高値で売れる可能性が高いためです。

購入者の立場からするとやはり、SIMロック解除済みのケータイの方が使い勝手が良くて嬉しいですよね。

以上を踏まえた上で、SIMロック解除をするかどうかを決めると良いでしょう。

ドコモのSIMロック解除の方法まとめ

SIMロックとか、SIMロック解除って何のこと?

と思われていた方も、ここまでの内容をご覧いただいたのであれば、様々な疑問が解消されたのではないでしょうか。

ここで改めて、当記事のポイントをまとめておきたいと思います。

  • ドコモ端末のSIMロックは、ドコモのSIMカードしか利用できなくするための制限
  • SIMロック解除の基本的な受付条件は端末購入から100日が経過していること
  • 端末の支払いが完了している場合は即時解除が可能
  • 携帯料金をクレジットカード払いに設定している場合は即時解除が可能
  • SIMロック解除の方法はオンライン、電話、ドコモショップの3通り
  • ドコモオンラインでの手続きならSIMロック解除手数料は無料
  • 格安SIMへ移行時にドコモ回線を使うならSIMロック解除はほぼ必要ない

お手持ちのケータイが2011年4月~2015年4月に発売された機種でなければ、ドコモオンライン手続きによって、手数料無料でSIMロック解除が可能です。

ぜひ、当記事の内容を参考にしながら、SIMロック解除をスムーズに進めてみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。