d払い

d払いのチャージ方法や使えるクレジットカード|一番お得なチャージ方法はdカード!

d払いのチャージ方法が知りたい!

d払いで使えるクレジットカードの種類は?

あなたもd払いを利用するのであれば、チャージ方法や利用方法などを把握しておきたいと思いますよね。

ここでは、d払いのチャージ方法や利用可能なクレジットカードを紹介するのはもちろん、一番お得な支払い方法であるdカードについても解説していきたいと思います。

d払いのチャージ方法や使えるクレジットカード|一番お得なチャージ方法はどれ?当記事に目を通しておくだけで、d払いの使い方が変わり、d払いから得られる節約効果もグンとアップすることは間違いありません。

ぜひあなたも、以下の内容を参考にしていただき、d払いにおける便宜性と節約効果を今まで以上に高めてみてくださいね。

d払いのチャージ方法や使えるクレジットカード|一番お得なチャージ方法はdカード!01d払いの豪華キャンペーンには必須!

d払いのキャンペーンはdカードでの設定条件が多いため、キャンペーンに参加するなら必須のカード!

dカードからチャージするのではなく、dカードを支払い設定にしておくだけでポイントがWでもらえます。

わざわざd払いにチャージする必要もなく、ポイントもWでもらえる上、d払いの嬉しいキャンペーンの参加条件にも当てはまる必須のテクニックです。

もちろん年会費は永年無料で使える上に、今なら最大8,000ポイント(期間・用途限定)がもらえるので、d払いを活用するなら必ずdカードは持っておきましょう!

\会員数1,300万人突破/

d払いの使い方や基本的なことは『d払いの登録方法と使い方|d払いを使いこなしてお得に買物をしよう!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

タップできる目次
  1. d払いにチャージする方法|実はチャージよりもdカード経由でd払いをするのが断トツでおすすめ!
  2. d払いにチャージした残高を使い切る方法
  3. d払いにチャージする方法|残高にチャージする方法は現金のみ
  4. d払いの支払い方法は4種類
  5. d払いでチャージや決済ができないときの考えられる原因と対処法
  6. 対象銀行からd払いへチャージで1,000ポイントのキャンペーン!
  7. d払いのチャージ分を使い切る方法|チャージ分を返金する方法はある!
  8. d払いのチャージ/決済方法まとめ

d払いにチャージする方法|実はチャージよりもdカード経由でd払いをするのが断トツでおすすめ!

dカード
基本還元率1%~
年会費永年無料
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード初年度:無料
2年目以降:550円(税込)
※前年に一度でも利用があれば無料
家族カード無料

» 詳細を見る» 公式サイトを見る

d払いの支払い方法はdカードが断トツでおすすめです。

dカードがお得な理由としては大きく、以下の3つを挙げることができます。

  • 基本還元率が1%と優秀
  • d払いのキャンペーンはdカードを使うことが条件の場合が多い
  • dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元を享受できる

早速、それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

基本還元率が1%と優秀

基本還元率が1%と優秀前述した通り、d払いの支払い方法は以下の4種類です。

  • 電話料金合算払い
  • クレジットカード
  • dポイント充当
  • ドコモ口座充当

d払いの基本還元率は0.5%〜1%ですが、これに加えて、上乗せ還元を得られるのはクレジットカード決済のみです。

さらに言えば、クレジットカードの還元率の標準値が0.5%であることを踏まえると、基本還元率1%のdカードは非常に優秀と言えます。

  • 電話料金合算払いやdポイント充当、ドコモ口座充当:いくら決済しても還元はゼロ
  • dカード:1%の還元が得られる(1%還元は数あるクレジットカードの中でも優秀)

仮に毎月10,000円の決済をd払いでするならば、dカードの利用でどれだけ節約効果が上がるでしょうか。

  • 10,000円×1%=100ポイント(1ヶ月あたり)
  • 100ポイント×12ヶ月=1,200ポイント(年間)

ご覧の通り、支払い方法をdカードに設定するだけで、毎年1,200ポイントが入ってくる計算となります。

同じ買い物をするのであれば、全く還元が得られないよりも、決済のたびにポイントが還元される方が断然良いですよね。

d払いのキャンペーンはdカードを使うことが条件の場合が多い

d払いのキャンペーンはdカードを使うことが条件の場合が多いd払いでは、数多くのキャンペーンがひっきりなしに展開されていますが、キャンペーンクリア条件として、dカードの利用が指定されていることが多い点に注目です。

たとえば、当記事執筆時点においては、以下のようなキャンペーンが見受けられます。

  • はじめてのd払いでのお買い物で+50%還元!(上限1,000ポイント)
  • dポイントカード提示+d払いでのお支払いで初めてなら+20%、これまで利用したことがある人は+10%dポイント還元

各種キャンペーンを上手に活用すれば、一気に節約効果を高めることができることは間違いありません。

dカードを所有していないと、毎月のように展開されるお得なキャンペーンをみすみす見逃してしまうかもしれませんよ。

d払いの支払いをdカードに設定することでチャージ不要プラスポイントの2重取りができる!

d払いの支払いをdカードに設定することで、以下の2つのメリットがあります。

  • d払いへのチャージの手間が省ける
  • dポイントの2重取りが可能

残高がなくなるごとに都度チャージ。これって地味に面倒くさいですよね。

でもdカードの支払い設定なら大丈夫。

残高不足やチャージの手続きについて、何も考える必要がなくなります。

また、dカードの支払い設定なら次の2通りのポイント還元をダブルで享受できる点も見逃せません。

  • d払いのポイント還元:0.5%〜1%
  • dカードのポイント還元:1%
    合計:1.5%〜2%

d払いの支払いをdカードに設定することで便宜性のみならず、節約効果も上がるというわけですね。

\d払いのキャンペーン参加に必須!/
» 公式サイトで詳しく見る

d払いにチャージした残高を使い切る方法

d払いにチャージした残高を使い切る方法d払いの残高を使い切りたいならこの方法!

d払いの残高の端数がなかなか使い切れない!

d払いの残高を使い切ってスッキリしたい!

このように思われている方にご覧いただきたいのが本項の内容です。

d払いの残高を使い切る上では、以下のような方法を参考にしていただければと思います。

  • 翌月のドコモ料金の支払いに充当する
  • d払いと現金を併用して使う
  • 家族や友人に送金する
  • 銀行口座/セブン銀行から出金する(※手数料あり)

なるほど!その手があったか!」と前のめりになった方もいるのではないでしょうか。

早速、それぞれの方法について解説を進めていきますよ。

翌月のドコモ料金の支払いに充当する

翌月のドコモ料金の支払いに充当するドコモの利用料金に充当すれば負担も減る!

あなたがドコモユーザーなら、d払いの残高分は翌月のドコモ料金の支払いに充当すれば、一切ムダがありません。

d払いの残高をドコモ料金に充当するための手順は次の通りです。

  1. ドコモ口座の公式ホームページ』にアクセスする
  2. dアカウントを入力してログインする
  3. 払い出す』の項目内の『ケータイ料金に充当』をタップする
  4. 充当したい金額を入力して『確認』をタップする
  5. 金額に間違いがないかを確認の上、『実行』をタップする

オンラインでサクッと手続きが済むのは嬉しいですね。

注意点として、ドコモ料金への充当はドコモの解約/MNP転出をすると消失してしまうことは覚えておきましょう。

d払いと現金を併用して使う

d払いと現金を併用して使う残高より余った金額は現金で支払うこともできる場合もあり

対象の店舗は決して多くはないですが、ビックカメラなどの一部の店舗では、d払いと現金を併用して使うことも可能です。

d払いと現金を併用できるかどうかは、店舗のレジシステムに依存しています。

残念ながらスーパーやコンビニなどをはじめとする大手チェーン店は対象外となるケースがほとんど。

狙うなら以下のような店舗がおすすめです。

  • 家電量販店
  • パソコンショップ
  • 中小企業
  • 個人経営店

d払い』『現金併用』などのキーワードでネット検索やSNS検索をかければ、対象の店舗を事前に見つけることもできるでしょう。

家族や友人に送金する

家族や友人に送金するもう不要なら友人や家族にプレゼントする方法も!

d払い残高は家族や友人にシェアできることをご存知でしょうか。

手順は次の通り、とってもシンプルです。

  1. 『d払いアプリ』を起動して『送金』をタップする
  2. 『電話番号を指定』をタップする
  3. 送信先の電話番号を入力して『次へ』をタップする
  4. 送金する金額を入力して『次へ』をタップする
  5. ご自身の名前とメッセージを入力(任意)して『送金内容を確認』をタップする
  6. 内容を確認して『送金する』をタップする

これでOKです。

上記の手続き後、お相手に 『送金したよ』と一言添えておけば完璧ですね。

銀行口座/セブン銀行に出金する

銀行口座_セブン銀行に出金する実はATMから出金も可能!

d払いの残高を銀行口座やセブン銀行に出金することも可能です。

ただし、銀行口座への出金には110円〜220円の手数料が伴うため、節約効果の観点からはあまりおすすめはできません。

手数料がかかってもいいよ!」という方は、以下の流れで出金手続きを進めましょう。

銀行口座に出金する場合
  1. 『d払いアプリ』を起動して『出金』をタップする
  2. 出金方法の選択画面で『銀行口座』をタップする
  3. 出金する金額および出金先の銀行情報を入力して『確認』をタップする
  4. 金額/出金口座を確認して『実行』をタップする
  5. 1〜2営業日後に出金内容が反映される
セブン銀行に出金する場合
  1. 『d払いアプリ』を起動して『出金』をタップする
  2. 出金方法の選択画面で『セブン銀行ATM』をタップする
  3. 出金する金額を入力して『QRコードを読み取る』をタップする
  4. セブン銀行ATMで『スマートフォンでの取引』をタップする
  5. ATM画面に表示されたQRコードを読み取って『次へ』をタップする
  6. d払いアプリに『企業コード』および『認証コード』が表示される
  7. ATM画面で『企業コード』を入力して『確認』をタップする
  8. ATM画面で『認証コード』を入力して『確認』をタップする
  9. 出金金額を確認して『確認』をタップする
  10. 即座に出金内容が反映される

繰り返しになりますが、銀行口座/セブン銀行への出金は110円〜220円の手数料がかかります。

手数料がかかったとしても現金化したい!」という場合にのみ、上記の方法を活用してみてください。

\dカードは年会費完全無料!/
» 公式サイトで詳しく見る

d払いにチャージする方法|残高にチャージする方法は現金のみ

d払いにチャージする方法は現金のみチャージ自体は現金でしかできない!(後ほどdカードの方法を紹介します)

d払いにチャージする方法は現金のみです。

以下の3通りの方法があります。

  • 銀行口座からチャージする
  • セブン銀行ATMからチャージする
  • コンビニからチャージする

各種コンビニでチャージできる他、いつでもどこでもスマホで銀行口座からチャージできるのは嬉しいですね。

早速、それぞれのチャージ方法について、もう少し詳しく見ていきましょう。

メモ

d払いのチャージは現金のみですが、チャージせずに支払う方法もあります(クレジットカード等)。詳しくは『d払いの支払い方法は4種類』の章を参考にしてください。

銀行口座からチャージする

銀行口座からチャージする銀行口座からd払いにチャージする方法は以下の通りです。

  1. ウォレットタブの『チャージ』をタップする
  2. 支払い方法で『銀行口座から』をタップする
  3. 銀行口座からのチャージに関する注意事項を読み、『同意して進む』をタップする
  4. 登録する銀行を選択し、各銀行の画面の案内にしたがって、手続きを進める
  5. チャージする』をタップする
  6. チャージ金額を設定し、『チャージする』をタップする

チャージ可能な金額は1,000円〜。チャージの限度額は以下の通りです。

  • 1回あたり10万円まで
  • 1ヶ月あたり30万円まで

また、銀行口座を登録した後は、オートチャージの設定をすることもできます。

都度、チャージの手続きをするのが億劫だ!

という方は、オートチャージの設定も含めて手続きしておくと良いでしょう。

セブン銀行ATMからチャージする

セブン銀行ATMからチャージするセブン銀行ATMからd払いにチャージする方法は以下の通りです。

  1. ウォレットタブの『チャージ』をタップする
  2. 支払い方法で『セブン銀行から』をタップする
  3. QRコードを読み取る』をタップする
  4. セブン銀行ATMにて『スマートフォンでの取引』をタップし、QRコードを読み取る
  5. スマホに表示される企業番号を、セブン銀行ATMの操作画面に打ち込む
  6. チャージしたい金額をセブン銀行ATMに入金する

セブン銀行ATMからチャージする場合、1,000円〜チャージすることができ、1回あたりの限度額は50万円です。

ただし、ウォレットの口座残高が100万円を超える場合はチャージができないので、その点には注意しておきましょう。

コンビニからチャージする

コンビニからチャージするコンビニからd払いにチャージする方法は以下の通りです。

  1. ウォレットタブの『チャージ』をタップする
  2. 支払い方法で『コンビニから』をタップする
  3. 利用規約を確認し、『同意する』をタップする
  4. 入金額を入力し、『次へ』をタップする
  5. 入金額を確認し、『次へ』をタップする
  6. コンビニを選択する』をタップし、コンビニの店頭で支払いを行う

コンビニからチャージする場合、以下のいずれかの店舗でチャージが可能です。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ/ヤマザキデイリーストア
  • セイコーマート

また、コンビニの場合は2,000円〜チャージ可能。チャージ限度額は以下の通りとなっています。

  • 1回あたり10万円まで
  • 1ヶ月あたり50万円まで

コンビニで支払いが完了したら、『入金のご連絡』がメッセージで通知されます。こちらの内容もしっかりと確認しておきましょう。

d払いの支払い方法は4種類

d払いの支払い方法は4種類一番お得な方法はdカード!

d払いの支払い方法は以下の通り、4種類から選ぶことができます。

  • 電話料金合算払い
  • クレジットカード
  • dポイント充当
  • ドコモ口座充当

このように、支払い方法の選択肢が幅広く網羅されているのは嬉しいですね。

以下、それぞれの支払い方法の特徴や限度額について記載していきますので、どの支払い方法があなたにとって最適かをイメージしながらご覧ください。

電話料金合算払い

電話料金合算払い毎月のドコモの料金として支払う

電話料金合算払いはその名の通り、毎月のドコモ料金に合算して支払うことができるサービスです。

d払いでは1円〜利用することができますが、以下の通り、利用限度額の上限が設けられていることには注意が必要です。

年齢契約期間設定可能な利用限度額
19歳まで10,000円
1〜3ヶ月10,000円
20歳以上4〜24ヶ月〜30,000円
25ヶ月目以降50,000円/月
80,000円/月
100,000円/月

ご覧の通り、20歳以上でかつ、ドコモの契約期間が4ヶ月以上の方は、10,000円を超える利用額を設定することができます。

もちろん、毎月の携帯電話料金を滞納してしまうなどのトラブルがあった場合、電話料金合算払いが利用できなくなることは言うまでもありません。

クレジットカードでチャージする

クレジットカードでチャージするd払いを利用するならdカードが必須!

d払いではdカードの他、以下の国際ブランドのクレジットカードを支払いに適用することができます。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX

また、d払いでクレジットカードを利用する場合の限度額は以下の通り、クレジットカードの利用限度枠に準じます。

  • 1回あたりの利用限度額:1円〜クレジットカードの利用枠
  • 1ヶ月あたりの利用限度額:クレジットカードの利用枠

ちなみにd払いでクレジットカードを適用するなら断然dカードがお得です。

その理由は当記事の後半でまとめているので、ぜひそちらも合わせてチェックしてみてください。

dポイント充当でチャージする

dポイント充当貯めたdポイントをd払いで利用する

dポイントをお持ちであれば、1ポイント1円としてd払いに適用できます。以下、利用限度額について見ていきましょう。

  • ネット通販:1円〜利用可能なポイントの範囲内
  • バーコード決済:1円〜99,999円(利用可能なポイントの範囲内)
  • 1ヶ月あたりの利用限度額:利用可能なポイントの範囲内

d払いでdポイント充当をする際は、有効期間の終了日が早いものから優先して利用されます。

したがって、期間・用途限定ポイントを保有しているのであれば、ここで積極的にdポイントを消化することで、ポイントの失効を事前に防ぐことができるでしょう。

dポイントのその他の使い道については『貯めたdポイントの使い道と使い方を解説|dポイントが使えるお店はどこ?』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

貯めたdポイントの使い道と使い方を解説|dポイントが使えるお店はどこ?
貯めたdポイントの使い道と使い方を解説|dポイントが使えるお店はどこ?貯めたdポイントの使い道は決めていますか?当記事では、dポイントのおすすめの使い道について詳しく紹介しています。dポイントを直接使うことも良いですが、実は他社ポイントやマイルへの交換も可能ですし、MasterCard加盟店で利用することも可能になります。ぜひdポイントの使い道の裏技を学びましょう。...

ドコモ口座充当でチャージする

ドコモ口座とは、ネットやアプリ上で送金や買い物ができるバーチャルなお財布です。

個人名義でドコモの回線契約をお持ちの方なら、d払いでドコモ口座充当を選ぶこともできます。

ドコモ口座充当の場合の利用限度額は以下の通りです。

  • ネット決済:1円~100万円
  • バーコード決済:1円~49,999円
  • 1ヶ月あたりの利用限度額:ドコモ口座の残高の範囲内

当然ながら、充当する金額がドコモ口座の残高を超えている場合は利用できません。

ドコモ口座を利用するのであれば、『ドコモ口座の公式ホームページ』上でこまめに残高を把握しておくようにしましょう。

d払いでチャージや決済ができないときの考えられる原因と対処法

d払いでチャージや決済ができないときの考えられる原因と対処法当記事最終項では、d払いでチャージや決済ができないときの考えられる原因と対処法についてまとめていきたいと思います。

まず、チャージや決済ができないときの考えられる原因としては、以下のような項目を挙げることができます。

  • チャージ金額が、銀行口座の残高を超えている
  • 利用限度額を超えている
  • クレジットカードの有効期限が切れているなど、利用停止になっている
  • 何らかの障害が起こっている

ご覧の通り、いずれにしても特に焦るような原因ではありません。基本的な内容ではありますが、今一度それぞれの項目について理解を深めておきましょう。

チャージ金額が、銀行口座の残高を超えている

チャージ金額が、銀行口座の残高を超えているd払いに対する銀行口座からのチャージに関してですが、チャージ金額が銀行口座の残高を超えている場合は当然、チャージすることはできません。

チャージ可能な金額は1,000円単位ですから、残高の範囲内でチャージ金額を決定しましょう。

登録している銀行口座に全く残高が残っていないのであれば、他の銀行口座を利用するのも一つの手ですね。

d払いの利用限度額を超えている

d払いの利用限度額を超えている携帯料金合算払いの場合は月間の利用限度額が決まっている

チャージと決済の双方について言えることですが、利用限度額を超えてしまっている場合は、手続きを進めることができません。

たとえば、電話料金合算の場合は以下の通り、細かく利用限度額が設定されているため、特に注意が必要です。

年齢契約期間設定可能な利用限度額
19歳まで10,000円
1〜3ヶ月10,000円
20歳以上4〜24ヶ月〜30,000円
25ヶ月目以降50,000円/月
80,000円/月
100,000円/月

この他、一回あたりのチャージ金額や、一ヶ月あたりの利用限度額もそれぞれ定められているため、改めて当記事の前半部分を確認してみてください。

利用範囲内の金額であれば、問題なくチャージや決済の手続きを進めることができるはずですよ。

クレジットカードの有効期限が切れているなど、利用停止になっている

クレジットカードの有効期限が切れているなど、利用停止になっている一度有効期限を確認してみよう!

クレジットカードの有効期限が切れていたり、支払いの遅延などが原因で利用停止になっている場合は当然、d払いにクレジットカードを適用することはできません。

以下の通り、然るべき対処を取りましょう。

  • クレジットカードの有効期限切れ→新しいクレジットカードを登録する
  • クレジットカードの利用停止→遅延分を綺麗に返済する

当たり前のことですが、クレジットカードを利用する場合は、毎月の支払いに遅れないことが重要です。

延滞はあなたの信用情報に傷を残してしまい、その後の審査に大きく響いてきます。

お金よりも大切な信用を失わないためにも、クレジットカードの利用とお金の管理には十分気をつけてくださいね。

何らかの障害が起こっている

何らかの障害が起こっているQRコード決済では度々障害が起きている

d払いでは何らかの障害が原因で、利用ができなくなるケースもあります。

たとえば、『d払い公式ホームページ』によると、2020年2月にはローソンなどの一部加盟店において、d払いが利用しづらい事象が起きました。

こうしたシステムエラーに関しては、基本的には時間が解決してくれますが、気になるようならドコモインフォメーションセンターに問い合わせると良いでしょう。

ドコモインフォメーションセンター
  • 151(ドコモの携帯電話から)
  • 0120-800-000(携帯電話・PHSを含む一般電話から)
  • 受付時間:午前9時〜午後8時

対象銀行からd払いへチャージで1,000ポイントのキャンペーン!

対象銀行からd払いへチャージで1,000ポイントのキャンペーン!1,000ポイントがもらえるd払いのキャンペーンは参加必須!

d払いを利用する上で見逃せないキャンペーンとして、対象銀行からd払いへチャージで1,000ポイントのキャンペーンがあります。

キャンペーン期間2020年9月1日(火)〜
キャンペーン概要キャンペーン期間中に対象銀行の口座より、1回10,000円以上チャージすると、期間中にチャージした金額のうち、一度にチャージした最も大きい金額に応じて期間・用途限定のdポイントをプレゼント
キャンペーン特典・1回のチャージ最高金額が10,000円以上:500ポイント
・1回のチャージ最高金額が20,000円以上:800ポイント
・1回のチャージ最高金額が30,000円以上:1,000ポイント
主なキャンペーン対象銀行口座・みずほ銀行
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
・イオン銀行
・ソニー銀行

本キャンペーンはもともと、対象期間が2020年10月31日(土)まででしたが、予定が変更され、現在でも実施されています。

ぜひあなたもこのチャンスを逃すことなく、最大1,000ポイントの特典をゲットしてください。

d払いへのチャージキャンペーンの注意事項および対象外の事例

d払いへのチャージキャンペーンの注意事項および対象外の事例注意点もチェック!

対象銀行からd払いへチャージで1,000ポイントのキャンペーンに関する注意事項および対象外の事例は次の通りです。

  • 既に銀行口座登録が完了されている方のみ対象
  • キャンペーンへの参加にはdアカウントが必要
  • d払いアプリに加え、ドコモ口座アプリ・サイトからのチャージもキャンペーンの対象
  • 期間中、対象銀行の口座から1回10,000円以上チャージした方が特典付与の対象
  • 対象銀行の口座以外からのチャージ(コンビニ、ペイジー、セブン銀行ATM)は対象外
  • キャンペーンへの参加は一人につき1回限り
  • 複数のドコモ回線やdアカウントを用いてキャンペーンに参加することはできない

1回のチャージ額が10,000円に満たない場合、トータルでどれだけチャージ金額を積み上げたとしてもキャンペーン特典付与の対象にはならない点には、特に注意が必要ですね。

d払いのチャージ分を使い切る方法|チャージ分を返金する方法はある!

d払いのチャージ分を使い切る方法|チャージ分を返金する方法はある!現金の返金ができるのはありがたい!

d払いのチャージ分を綺麗に使い切りたい!
d払いのチャージ分は現金への返金はできないの?

そんなあなたに朗報があります。

実はd払いのチャージ分は、以下のいずれかの方法で現金への返金ができるのです。

  • 銀行口座へ出金
  • セブン銀行ATMへ出金

やった!今すぐやりたい!」と思われた方もいるのではないでしょうか。

早速、それぞれの出金方法について詳しく見ていきましょう。

d払いのチャージ分を銀行口座へ出金する手順

d払いのチャージ分を銀行口座へ出金する手順d払いのチャージ分を出金するには、事前に本人確認を済ませておきましょう。

本人確認が完了したら、下記の手順でd払いのチャージ分を出金することができます。

d払いのチャージ分を出金TOPページから出金手続き可能!
  1. d払いアプリから『出金』をタップ
  2. 出金方法で『銀行口座』をタップ
  3. 出金金額を入力する
  4. 内容を確認し、問題なければ『実行』をタップして手続きを完了する

注意点として、出金する金額とは別に、払い出し手数料が口座から差し引かれることを理解しておきましょう。

なお、払い出し先の銀行口座が登録していない場合は、上記のステップの③で『銀行口座の登録・変更』をタップし、払い出し先の銀行口座を登録してくださいね。

セブン銀行ATMへ出金する手順

セブン銀行ATMへ出金する手順どこにでもあるセブン銀行からも引き出せる!

セブン銀行ATMへ出金する手順は次の通りです。

  1. d払いアプリの『出金』をタップ
  2. 出金方法で『セブン銀行』をタップ
  3. 出金金額を入力する
  4. セブン銀行ATMで『スマートフォンでの取引』を選択し、QRコードをd払いアプリで読み取る
  5. 企業番号を入力する
  6. 希望の出金額を確認し、『確認』をタップして出金する

セブン銀行ATMへ出金する場合もやはり払い出し手数料がかかります。

どうしても手数料を負担したくない!」という方は、d払い加盟店でコツコツとチャージ分を使い切ることをおすすめしますよ。

d払いのチャージ/決済方法まとめ

d払いのチャージ/決済方法まとめd払いはdカードとのセットで使わなければ損!

d払いには現金でチャージできる他、クレジットカードを始めとする様々な支払い方法があります。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分についておさらいをしておきましょう。

  • d払いにチャージする方法は現金のみ
  • d払いの支払い方法は4種類
  • d払いの支払い方法はdカードが断トツでおすすめ
  • d払いを利用する際には、口座残高や利用限度額の他、クレジットカードの利用可否にも注意が必要

せっかくd払いを利用するのであれば、間違いなくdカードが群を抜いてお得です。

d払いのキャンペーンはdカード支払いが条件になっていることが多いため、これだけのキャンペーンを受けるならdカードを持っておかないと損です!

この機会にぜひ、dカードの作成手続きを済ませていただき、ありとあらゆるシーンでd払いを有効活用してみてくださいね。


\永年無料で使える/
» 公式サイトで詳しく見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。