ドコモ光

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える手順|工事費や手数料・違約金はかかる?

フレッツ光からドコモ光に乗り換えたい!

乗り換えの際にかかる工事費や手数料、違約金はどれくらいなの?

このように思われている方にご覧いただきたいのが当記事の内容です。

まず最初に重要なことをお伝えしておきます。

フレッツ光からドコモ光への乗り換え方法として一番お得なのは『GMOとくとくBB』経由で申し込みすることです。

GMOとくとくBBは数ある代理店の中でもキャンペーン特典が大きい上、工事費も一切かかりません。

ただ、事務手数料など、乗り換えの際にどうしても避けられない費用はあるので注意が必要です。

当記事では、フレッツ光からドコモ光に乗り換える手順を紹介するのはもちろん、乗り換える際の注意点や、乗り換えにかかる費用面などについても解説しています。

フレッツ光からドコモ光への乗り換えにおいては、あらかじめお得な申し込み方法や、損をしないためのポイントをおさえておくことが重要です。

ぜひ慌てて乗り換え手続きを進めてしまう前に、以下の内容にしっかりと目を通しておいてくださいね。

GMOとくとくBBドコモ光ドコモ光でキャッシュバックとセット割を!

\今なら工事費無料キャンペーンも!/
» 公式サイトで詳しく見る

参考» ドコモ光の評判・口コミはこちらから

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える手順

フレッツ光からドコモ光へ切り替える手順まずはフレッツ光からドコモ光へ乗り換える手順を紹介していきましょう。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える流れは下記のようになります。

  1. NTTから転用承諾番号を取得する
  2. GMOとくとくBBの公式ホームページ』から乗り換え手続きをする
  3. GMOとくとくBBから確認の電話が入る
  4. 利用開始の案内が届く

ドコモ光の契約ができる代理店は数多く存在しますが、キャンペーン特典が充実していてかつ、工事費も一切かからないGMOとくとくBB経由で申し込みするのがおすすめです。

したがってここでは、GMOとくとくBB経由でドコモ光に乗り換える場合の手順を見ていきたいと思います。

早速、上記の①〜④のステップの詳細深掘りしていきましょう。

転用承諾番号を取得する

転用承諾番号を取得するまずファーストステップとして、NTT東日本もしくはNTT西日本から『転用承諾番号』を取得しましょう。

転用承諾番号は携帯電話で言うところのMNP番号と同じで、NTTの専用窓口に電話するか、もしくはWEB上で簡単に取得できます。

NTTの専用窓口に電話する場合
  • NTT東日本:0120-140-202
  • NTT西日本:0120-553-104
    ※受付時間はいずれも9:00~17:00(土日祝も可)

注意点として、転用承諾番号の有効期限は発行から15日であることを覚えておいてください。

つまり、このファーストステップを終えたら、間髪入れずにセカンドステップ以降の手順をサクサククリアすることが大切です。

GMOとくとくBBの公式ホームページから乗り換え手続きをする

GMOとくとくBBの公式ホームページから乗り換え手続きをするドコモ光のプロバイダで一番のキャンペーンと速度!

さて、セカンドステップの手順は次の通り。

  1. GMOとくとくBBの公式ホームページ』にアクセス
  2. お申込み』をタップ
  3. 画面の案内にしたがって必要事項を入力して送信

③の大まかな流れとしては、簡単なアンケートに回答し、住所、電話番号などの個人情報に加え、申し込み確認の電話を受ける希望日時を申請します。

特に複雑な内容はないため、オンライン上の申し込み手続きに不慣れな方でも問題ないでしょう。

GMOとくとくBBから確認の電話が入る

GMOとくとくBBから確認の電話が入る確認事項のみの電話

次にサードステップとして、GMOとくとくBBから申し込み確認の電話が入ります。

ここでファーストステップで取得した転用承諾番号の出番です。

確認の電話が入る日にはあらかじめ、転用承諾番号を手元に用意しておくとスムーズですね。

もしフレッツ光からドコモ光への乗り換えに関して、何か不明な点や不安なことがあれば、この電話口でサービススタッフに質問しておきましょう。

ドコモ光の利用開始の案内が届く

ドコモ光の利用開始の案内が届くいよいよ最後のステップです。

回線の切り替え日(工事日)が記載された案内が書面で届きます。

ちなみに、ドコモ光の申し込みから利用開始までに必要な期間は早くて2週間〜3週間程度です。

もちろん、工事が混み合うような時期においては、1ヶ月以上の期間を要するケースもあるため、申し込み手続きは早めに済ませておきましょう。

フレッツ光からドコモ光への乗り換えの場合には、ドコモ光は光コラボなので建物自体に工事を行うことはないのでスグ利用できます!

  • 申し込みから利用開始までに必要な期間は早くて2週間〜3週間程度
  • 工事が混み合う時期は、1ヶ月以上の期間を要するケースもある

工事終了後はIDやパスワードを入力し、インターネット接続設定が完了させれば、いよいよドコモ光の利用開始となりますよ。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える際の注意点

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える際の注意点乗り換える前にチェックしておきたいこと!

よし!フレッツ光からドコモ光へ乗り換えるぞ!

と気がはやっているかもしれませんが、ちょっとだけ待ってください。フレッツ光からドコモ光へ乗り換える際には、以下のような注意点があるのです。

  • 事務手数料が発生する
  • プロバイダの違約金がかかることがある
  • 速度が変わる可能性がある

ひとまず気持ちを落ち着かせて、各注意事項を理解した上で、申し込み手続きを進めていただければと思います。

事務手数料が発生する

冒頭でお伝えした通り、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える際の工事費はかかりませんが、ドコモ光の新規契約事務手数料として3,300円(税込)がかかります。

ドコモ光の新規契約事務手数料だけは、どう頑張っても避けることはできません。

必要最低限の経費として受け止めましょう。

なお、3,300円(税込)の新規契約事務手数料は初月の料金とあわせて請求がかかります。

  • ドコモ光の新規契約事務手数料として3,300円(税込)がかかる
  • 新規契約事務手数料は初月の料金とあわせて請求される

初月の利用料金には、新規契約事務手数料が上乗せされることを覚えておくと良いですね。

プロバイダの違約金がかかることがある

フレッツ光からドコモ光に乗り換える際、プロバイダを変更すると、プロバイダの違約金が発生する場合があります。

違約金が発生するのは、プロバイダから指定された契約期間内にプロバイダを変更する場合です。

違約金はプロバイダによって様々ですが、2,000円〜5,000円程度となかなかバカになりません。

  • プロバイダから指定された契約期間内にプロバイダを変更すると違約金がかかる
  • 違約金は2,000円〜5,000円程度とプロバイダによって様々

違約金が発生するかどうかが分からない場合や、違約金の額面を知りたい場合は、直接プロバイダに問い合わせてみると良いでしょう。

もちろん、プロバイダを変更しなければ、違約金は一切発生しませんよ。

フレッツ光を含め他社からドコモ光へ乗り換える方法は『他社光回線からドコモ光に切り替えたい!事業者変更やプロバイダ変更の方法を解説』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

通信速度が変わる可能性がある

フレッツ光からドコモ光に乗り換えた場合、通信速度が変わる可能性があります。

もちろん、遅かった通信速度が速くなる分には万々歳ですが、逆のケースは正直キツイですよね。

ただ、当記事でおすすめしている代理店『GMOとくとくBB』は、数ある代理店の中でも最も速度低下のリスクが少ないことはお伝えしておきます。

実際に、GMOとくとくBBでは最新の通信方式『V6プラス』を採用している他、実際のユーザーの通信速度を堂々と公式上で公開しています。

つまり、通信速度に相当な自信を持っているということですね。

ちなみに通信速度を公開している代理店はGMOとくとくBBを除いてほとんどありません。
GMOとくとくBB経由でフレッツ光からドコモ光へ乗り換えるのであれば、安心して手続きを進めると良いでしょう。

ドコモ光のIPv6プラスについては『ドコモ光でIPv6の設定方法と対応プロバイダ|IPv4との違いとは?』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えた場合の工事費や違約金・手数料はいくら?

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えた場合の工事費や違約金・手数料はいくら?ドコモ光へ手数料のみの負担で移行できる!

ここでフレッツ光からドコモ光へ乗り換えた場合に発生する費用をまとめておきます。

  • 工事費:無料
  • 違約金:無料(プロバイダを変更する場合は発生する場合も)
  • 手数料:3,300円(税込)

GMOとくとくBB経由で申し込みし、プロバイダを変更しない場合にかかる費用は、ドコモ光の新規契約事務手数料の3,300円(税込)のみです。

必要最低限の経費でフレッツ光からドコモ光に引っ越しできるのは嬉しいですね。

フレッツ光よりもドコモ光が優れている理由

フレッツ光よりもドコモ光が優れている理由逆にフレッツ光を利用する理由がない!

さて、当記事最終項では、フレッツ光よりもドコモ光の方が優れている理由について、以下の項目に沿ってまとめていきたいと思います。

  • ドコモ光はプロバイダ料金込みでフレッツ光よりも安い
  • ドコモユーザーならドコモ光セット割を適用できる
  • dカード GOLDを持てば毎月のドコモ光の通信料金に対してdポイントがザクザク貯まる

ご覧の通り、優れている理由を一言でいうと「安い!お得!」というわけです。

快適な通信速度を享受できる上、月額料金が安くなったり、お得にポイントが貯まるとなれば、ドコモ光を利用しない理由がありませんね。

それでは早速、それぞれの内容について詳しく見ていきますよ。

ドコモ光はプロバイダ料金込みでフレッツ光よりも安い

戸建ての場合の月額料金
サービスフレッツ光ドコモ光
月額料金5,170円(税込)5,720円(税込)
プロバイダ料金1,100円(税込)
月額料金(合計)6,270円(税込)5,720円(税込)
集合住宅の場合の月額料金
サービスフレッツ光ドコモ光
月額料金4,125円(税込)4,400円(税込)
プロバイダ料金583円(税込)
月額料金(合計)4,808円(税込)4,400円(税込)

戸建ての場合、ドコモ光はプロバイダ料金込みで5,720円(税込)の月額料金となっています。

一方で集合住宅なら、ドコモ光の月額料金は4,400円(税込)とさらに安くなります。

戸建てにおけるフレッツ光とドコモ光のランニングコストの差は550円(税込)。

これが1年なら6,600円(税込)。

2年で13,200円(税込)。

10年ならなんと66,000円(税込)も差がついてしまいます。

塵も積もれば山となるとはまさにこのことですね。

いずれフレッツ光からドコモ光へ乗り換えるのであれば、時期が早ければ早いほど、あなたが享受できる節約効果は大きいですよ。

ドコモ光とフレッツ光の違いやお得さの比較を『【ドコモ光とフレッツ光の違いを比較】通信速度や料金の比較でお得さの違いがわかる!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ドコモユーザーならドコモ光セット割を適用できる

ドコモユーザーならドコモ光セット割を適用できるセット割でより安く利用できる!
料金プランドコモ光セット割の割引額
『ドコモ光』定額プラン(タイプA/B/C/単独タイプ、10ギガ タイプA/B/単独タイプ)の場合『ドコモ光』2段階定額プラン(ドコモ光ミニ)の場合
5Gギガホ プレミア (2021年4月1日提供開始)永年1,100円(税込)割引永年550円(税込)割引
5Gギガホ
ギガホ プレミア(2021年4月1日提供開始)
ギガホ
5Gギガライト/ギガライトステップ4:〜7GB永年1,100円(税込)割引永年550円(税込)割引
ステップ3:〜5GB永年1,100円(税込)割引永年550円(税込)割引
ステップ2:〜3GB永年550円(税込)割引永年220円(税込)割引
ステップ1:〜1GB

もしもあなたがドコモユーザーなら、ドコモ光への乗り換えとともにドコモ光セット割を適用することで、ドコモ料金が最大1,100円(税込)割引となります。

このドコモ光セット割、何が素晴らしいかといえば、同居している家族はもちろん、離れて暮らしている家族も含めて割引を享受できる点です。

たとえば家族5人でドコモを利用している場合、ドコモ光セット割によって毎月最大で5,500円(税込)の節約効果を生み出すことができます。

ドコモユーザーならもはや、フレッツ光からドコモ光への乗り換えを迷う要素がありませんね。

ドコモ光とのセット割については『ドコモ光のセット割とは?ドコモユーザーはセット割で月額料金が安くなる!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

dカード GOLDを持てば毎月のドコモ光の通信料金に対してdポイントがザクザク貯まる

dカードゴールド
基本還元率一般加盟店:1%
ドコモ料金/ドコモ光料金:10%
年会費11,000円(税込)
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:1,100円(税込)

» 詳細を見る» 公式サイトを見る

あなたもすでにご存知かもしれませんが、dカード GOLDを所有すると、ドコモ料金やドコモ光の通信料金に対して、10%の大幅還元を享受できるようになります。

仮にドコモ料金とドコモ光の通信料金を合わせて毎月10,000円を支払っている場合、月に1,000ポイント、つまり年間で12,000ポイントも稼げる計算となります。

ドコモ料金に対して10%還元ドコモの利用料金とドコモ光が10%ポイント還元!

12,000ポイントといえば、dカード GOLDの年会費分を超えるお得度合いですよね。

ぜひこれを機に、フレッツ光からドコモ光への乗り換えに加え、dカード GOLDの申し込み手続きも進めてしまいましょう。

フレッツ光からドコモ光に乗り換えよう!

ここまでの内容をご覧いただいた方なら、ドコモ光の魅力に改めてお気づきいただけたのではないでしょうか。

ここで振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきます。

  • フレッツ光からドコモ光に乗り換える際には、3,300円の新規契約事務手数料が発生する
  • フレッツ光からドコモ光へ乗り換えた場合の工事費や違約金は無料
  • プロバイダを変更する場合は違約金がかかることがある
  • フレッツ光からドコモ光への乗り換えで速度が変わる可能性がある
  • ドコモ光はプロバイダ料金込みでフレッツ光よりも安い
  • ドコモユーザーならドコモ光セット割を適用できる
  • dカード GOLDを持てば毎月のドコモ光の通信料金に対してdポイントがザクザク貯まる

GMOとくとくBB経由なら、通信速度が落ちるリスクは限りなく少ない上、工事費や違約金をかけずにドコモ光への引っ越しが完了します。

さらにドコモユーザーの方なら、ドコモ光セット割引の適用や、dカード GOLDの発行によって、一気に節約効果を高めることができるでしょう。

ぜひあなたも当記事を参考にしながら、ドコモ光への乗り換え手続きや、dカード GOLDの作成手続きを進めてみてくださいね。

» 一番お得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバック完全ガイド!工事費無料キャンペーンで損しないための新規契約方法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。